「Nutanix Clusters on Azure」正式リリース。これでAWSとAzureとオンプレミスのマルチクラウド/ハイブリッドクラウド対応に

2022年10月18日

Nutanixは、「Nutanix Cloud Clusters」がMicrosoft Azureに対応し、Azureのベアメタルサーバで同社のハイパーコンバージドインフラが構成できるようになったと発表しました。

同社は2020年にAWS上への対応を発表しています。これで「Nutanix Cloud Clusters」はAWSとMicrosoft Azureのマルチクラウド対応になりました。

fig

クラウド上にNunitaxクラスタを構築

Nutanix Cloud Clustersは、クラウド上にNutanixのハイパーコンバージドインフラと同様のクラスタを構築できるソフトウェアです。スケーラブルなコンピュートやストレージを簡単に構成できます。

クラウド上に構成されたNutanixクラスタはオンプレミス上のNutanixクラスタと互換性を備えているため、オンプレミスのワークロードの一時的な負荷分散先としてクラウドへのクラスタ拡張を行うことや、オンプレミスに対するディザスタリカバリ先としてのクラスタの利用などのユースケースが考えられます。

オンプレミスおよびマルチクラウドに展開したNutanixクラスタであっても統一したセキュリティポリシーやユーザーのアクセス権限などを設定可能で、全体を統合したコントロールプレーンから管理可能になっています。

Nutanix Cloud ClustersのMicrosoft Azure対応で、Nutanixユーザーにとってはシンプルなマルチクラウド構成の実現がさらに容易になったといえるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly


関連タグ Microsoft Azure / クラウド / Nutanix / ハイブリッドクラウド / マルチクラウド



タグクラウド(β版)

クラウド / AWS / Azure / Google Cloud
コンテナ / Docker / Kubernetes
クラウドネイティブ / サーバレス
クラウド障害 / 運用・監視

プログラミング言語 / 開発ツール
JavaScript / Java / .NET / WebAssembly
HTML/CSS / Web標準

アジャイル開発 / スクラム / DevOps / CI/CD
ソフトウェアテスト・品質
ローコード/ノーコード開発

データベース / RDB / NoSQL / 機械学習・AI
Oracle Database / MySQL / PostgreSQL
Office / 業務アプリケーション

ネットワーク / HTTP / QUIC / セキュリティ
OS / Windows / Linux / VMware
ハードウェア / サーバ / ストレージ

業界動向 / 働き方 / 給与・年収
編集後記 / 殿堂入り / おもしろ

全てのタグを見る

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本