[速報]マイクロソフト「Windows 365 Cloud PC」正式発表。Windowsをクラウドサービスとして月額定額料金で提供、デスクトップ仮想化をベースに

2021年7月15日

マイクロソフトはオンラインで開催している同社のパートナー向けイベント「Inspire 2021」で、デスクトップ仮想化を用いてクラウドからWindows環境を配信する新サービス「Windows 365 Cloud PC」を発表しました。

8月2日に正式サービスとして提供予定です。

fig 日本語版のWebサイトも公開された

Windows 365 Cloud PCは、新サービスとなる「Windows 365」で提供されます。

そしてこのWindows 365で提供される、新しいPCとしての体験が「Cloud PC」となります。

Windows 365では、Windows 10もしくはWindows 11リリース後はWindows 11のデスクトップ環境を、デスクトップ仮想化の技術を用いてクラウドから提供。クライアントとしてMac、iPad、Linux、Androidなどに対応。ネイティブアプリケーションが用意されるほか、Webブラウザからも利用可能です。

fig
fig

Instant-on Boot(インスタントオンブート)と呼ばれる機能により、例えばWindows 365を利用してノートPCで作業していた場合、途中でデバイスをiPadへ切り替えて続きの作業をする、といったことが可能です。

これまでPCで作業を始めるには、Windowsを起動し、アプリケーションを起動し、作業用のファイルを開く、といった操作が必要でした。Cloud PCでは、そのときどきで最適なデバイスを切り替えたとしても、さっきまでの作業中の画面がそのまま再現されるため、すぐに続きを開始できるようになるわけです。

Windows 365 Cloud PCは、Azure Virtual Desktopをベースに

Windows 365はMicrosoft Azureのデスクトップ仮想化サービスである「Azure Virtual Desktop」をベースにしたサービスです。

Azure Virtual Desktopは6月にWindows Virtual Desktopから名称変更されたばかり。これはWindows Virtual DesktopのままではWindows 365とブランド名が似ているため、あえて変更したのではないかと推察されます。

ただしWindows 365はAzure Virtual Desktopよりも簡単に使え、かつ料金体系も分かりやすいサービスになっており、あらゆるサイズの組織に対応していると説明されています。

料金は月額料金制で、Cloud PCの性能は最小1vCPU、2GBメモリ、64GBストレージから、最大で8vCPU、32GBメモリ、512GBストレージまで用意される予定とのこと。価格は8月2日の正式リリースまでに公開予定。

より高性能な仮想マシンや従量課金制などを含む高度なカスタマイズを求めるユーザーはAzure Virtual Desktopを、ビジネス向けにシンプルな料金体系や運用を求めるユーザーにはWindows 365 Cloud PCを提供する、ということになるのでしょう。

Windows 365は、「Windows 365 Business」「Windows 365 Enterprise」などが提供され、Azure ADやMicrosoft Endpoint Managerで従来の物理的なPCと同様にCloud PCもまとめて集中管理可能、多要素認証などにも対応します。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly




カテゴリ

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本