オンプレミスのストレージ群を抽象化してStorage as Codeを実現する「Pure Fusion」、Pure Storageが発表

2021年10月7日

ストレージベンダのPure Storageは、同社のストレージ製品群を抽象化しコードで制御できる「Storage as Code」を実現する新サービス「Pure Fusion」を発表しました

fig

Pure Fusionはクラウドサービスとして提供され、同社のオンプレミス向けストレージ製品であるFlashArray//XやFlashArray//Cなどを抽象化してクラウドのアベイラビリティゾーンのようにまとめてストレージプールとし、APIやコードで制御できる機能を提供します。

Pure Fusion経由ではユーザーはストレージを容量などを指定してプロビジョニングし、利用することになります。この場合、ストレージ内でのデータ配置、移動、リバランシングなどの運用管理はPure Fusionにより自動化されます。

と同時に、同社がAWSやAzure上で同社ストレージ製品群とAPI互換性のあるストレージサービスとして提供している「Pure Cloud Block Store」も同じようにPure Fusionから制御できるため、オンプレミスとクラウドをそれぞれにアベイラビリティゾーンとみなして扱い、可用性を高める構成などが容易になります。

Pure Fusionによって、オンプレミスのストレージ群に対してもクラウドストレージのようにセルフサービスでプロビジョニングや利用ができ、複雑な運用管理は自動化され、ストレージをソフトウェアで構成するStorage-as-Codeが実現できるとPure Storageは説明しています。

Pure Fusionは2021年内にプレビュー版が公開され、2022年前半に正式版が登場予定です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly




カテゴリ

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本