コンテナ標準のOCI対応、クラウドネイティブなWebAssemblyランタイム「WasmEdge」が、CNCFのサンドボックスプロジェクトに採用

2021年10月7日

オープンソースのWebAssemblyランタイム「WasmEdge」を開発するSecond Stateは、WasmEdgeがCloud Native Computing Foundation(CNCF)のサンドボックスプロジェクトに採用されたことを発表しました。

fig

WasmEdgeは、Dockerコンテナの業界標準であるOCI(Open Container Interface)に対応していることを最大の特徴とするWebAssemblyランタイムです。すなわちランタイム自体がDockerコンテナとして振る舞えます。それゆえに開発元のSecond StateはWasmEdgeを「クラウドネイティブなWebAssemblyランタイム」と呼んでいます。

この特徴によりWasmEdgeはサーバレスコンピューティングの関数のランタイムなどコンテナ上のランタイムをそのまま置き換えるような用途に利用可能とされています。

WasmEdgeはそのほか、OSなどにプラットフォームに依存しないシステムAPIをWebAssemblyランタイム上で提供するためのWASI(WebAssembly System Interface)にも対応。独自の拡張機能としてコマンドラインへの対応、Ethereumのスマートコントラクト対応の拡張機能、TensorFlow対応の拡張機能など、独自の拡張が可能になっています。

Cloud Native Computing FoundationではWasmEdgeだけでなく、アクターベースのWebAsseblyランタイムにより開発を容易に行えるようにするという「wasmCloud」、KubernetesのノードとしてWebAssemblyバイナリを実行する「Krustlet」、WebAssemblyによって機能拡張できるサービスメッシュプロキシの「Envoy」など、複数のWebAssembly関連プロジェクトが開発を進めています。

今後WasmEdgeを含めて、クラウドネイティブ環境におけるWebAssemblyの活用が注目されるようになるのは間違いないでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly




カテゴリ

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本