HPEが「Silicon on demand」発表、CPUコアを使いたいときだけシリコンレベルで有効に。インテルと協業で開発。HPE Discover 2021

2021年6月24日

ヒューレット・パッカード エンタープライズ(HPE)は、同社がオンラインで開催している年次イベント「HPE Discover 2021」において、CPUコアをシリコンレベルで簡単かつ動的に有効、無効を切り替えることができる新技術、「Silicon on demand」を発表しました

fig

CPUのコア数を動的に変更する技術は、仮想化ハイパーバイザを用いて仮想マシンに割り当てるコア数を変更することなどにより、これまでも存在していました。

HPEが今回発表した「Silicon on demand」は、そうした仮想化技術を用いることなく、シリコンのレベルでCPUコアの有効化と無効化を「クリックするだけで」(HPEプレジデント兼CEO Antonio Neri氏)簡単に切り替えられる技術です。

これはOracle DatabaseやSQL Serverのように、コア数をもとにライセンス費用が掛かるソフトウェアに対して、仮想化を用いずベアメタルサーバを用いてサーバの性能を最大限に引き出しつつ、簡単に最適なコア数を設定することでライセンス費用を最適化することが可能になります。

Silicon on demandはHPEがインテルと共同で開発したもの。CPUコア数とともにOptaneメモリによるパーシステントメモリもシリコンレベルで動的に増減可能と説明されています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly




カテゴリ

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本