「GitHub Discussions」がプライベートリポジトリでも利用可能に。電子掲示板を用いたコミュニティ機能を追加

2021年3月11日

GitHubは、GitHubのリポジトリに電子掲示板機能を追加する新機能「GitHub Disucussions」を、プライベートリポジトリでも利用可能にしたことを発表しました

GitHub Discussionsは、2020年5月のイベント「GitHub Satellite 2020」で発表された機能です。

参考:GitHub、電子掲示板を用いてコミュニティ機能を実現する「GitHub Discussions」を発表。GitHub Satellite 2020

プルリクエストなどの操作を覚えなくても、掲示板上で質問や提案を行うことでプロジェクトに参加できようになるため、より幅広いユーザーがプロジェクトに参加でき、コミュニティを広げることが期待できます。

具体的には、GitHub Discussionsを設定するとGitHubのページに「Discussions」タブが表れ、ここで提案や議論、Q&Aや投票などが可能になります。

fig

GitHub Discussionsは2020年12月にパブリックベータとなり、GitHub上のオープンソースプロジェクトなどで利用が進んできましたが、今回プライベートリポジトリでも利用可能になったことで、社内プロジェクトなどクローズドな開発組織内でのコミュニケーション手段がより広がることになります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly




カテゴリ

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本