マイクロソフト、オープンソースプロジェクトにAzureの無償クレジットを提供開始

2021年10月5日

マイクロソフトはオープンソースのプロジェクトにMicrosoft Azureの無償クレジットを提供する「Azure credits for open source projects」の開始を発表しました

fig

マイクロソフトはこの無償クレジットの提供理由を「We are giving back to the open source ecosystem we participate in and depend on.」(私たちが参加し、依存しているオープンソースのエコシステムへの還元です)と説明。

無償クレジットにより、オープンソースの開発者はMicrosoft Azure上で開発やテストを行えるようになります。

無償クレジット提供の条件は、オープンソースを促進することを目的とする独立組織であるOpen Source Initiativeが認めたライセンスに合致していることと、行動規範(Code of Conduct)が定められていること。

期限は1年で、1年ごとに再申し込みを行うこととなっており、申し込みは「Azure credits for open source projects」の申し込みフォームから行います。

ちなみに、同様のオープンソース支援はAWSが2019年に「AWS Credits for Open Source Projects」として開始しています

こちらも申し込みによって無償でAWSが利用できるクレジットを1年ごとに取得できます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly




カテゴリ

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本