Apple M1チップ対応のDocker Desktop、同梱のKubernetesも実行可能に

2021年2月19日

Docker社が開発中のApple M1チップ対応のDocker Desktopで、同梱のKubernetesの実行が可能になったことが同社のブログ「New Docker Desktop Preview for Apple M1 Released」で明らかにされました。

これによりDockerとKubernetes環境をApple M1チップのMac上で簡単に構築できるようになります。

Kubernetesの実行が可能になったのは、新たに公開されたテクニカルプレビュー版の新版。

Docker Desktopは、従来のWindows版、Mac版でもKubernetesが同梱されており、簡単にWindowsやMacの環境上にDockerとKubernetesを立ち上げることができていました。

参考:Docker for Win/MacのKubernetes統合が正式版に。Stable Channelでリリース開始

Apple M1チップ用のDocker Desktopでもその実現に近づいたことになります。

テクニカルプレビューの新版では、それ以外にもハードコードされていたIPアドレスが取り除かれ、macOSによって動的に割り当てられたIPアドレスが使われるようになり、ディスク性能の改善、Dockerメニュー中のリスタート機能が有効になるなど、いくつもの機能追加や改善が行われています。

Apple M1 Techプレビューは誰でもダウンロードし、試すことができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly




カテゴリ

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本