Windows 10のファイルエクスプローラがWSL機能を統合。Linuxを示すペンギンアイコンが登場

2020年4月15日

マイクロソフトはWindows 10の先行利用者向けバージョンとして配布されているInsider Preview 19603で、ファイルエクスプローラにWindows Subsystem for Linux(WSL)との統合機能を組み込んだことを明らかにしました

具体的には、WSLがインストールされた状態でファイルエクスプローラを開くと、WSLを示すアイコンとしてLinuxのマスコットであるタックス(Tux)アイコンが表示され、WSLのLinux環境下にあるファイルをファイルエクスプローラから簡単にアクセスできるようになっています。

fig

このLinuxアイコンをクリックすると、WSLにインストールされたLinuxディストリビューションの一覧が表示され、それぞれのファイルシステムへとアクセスできます。

fig

Windows環境からWSL環境下のLinuxファイルシステムへのアクセスは、昨年にはすでに実現していました。今回、ファイルエクスプローラにまでWSL統合を行ったことで、Windows 10はLinux環境のプラットフォームとしてより便利なOSになるのではないでしょうか。

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly




カテゴリ

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本