Web版ExcelでTypeScriptベースの「Office Scripts」提供開始。ユーザー操作を自動で記録可能

2020年1月9日

マイクロソフトは、Web版Excelの新機能「Office Scripts」をプレビュー版として提供開始したと発表しました

Office ScriptsはTypeScriptベースのスクリプト言語。Web版Excelでユーザーが操作した内容をスクリプトとして記録する機能を備えています。Windows版Excelのマクロ記録のように、操作に合わせて自動的にOffice Scriptsが生成されます。

fig1

生成されたOffice Scriptsを実行すれば、同じ操作が再現されます。

Office Scriptsが搭載されたWeb版ExcelにはTypeScriptエディタも内蔵されており、これを用いてOffice Scriptsを編集し、実行される内容を変更することも可能です。

fig2

Office ScriptsはOneDriveに保存されるため、外部からExcel webhookを通じてスクリプトを実行することも可能。

いまのところOffice Scriptsが利用できるのは、Webブラウザから利用するWeb版のExcelのみです。マイクロソフトは以前、デスクトップ版Excelのスクリプト言語としてPythonの採用を検討していましたが、残念ながらいまだに実現されていません(検討の結果、採用をやめたともいわれています)。

Office Scriptsは2019年11月のイベント「Microsoft Ignite 2019」で発表され、年内中に提供予定と発表されていたもの。予定よりやや遅れたことになります。

Office Scriptsのプレビュー版は、Office 365 E3もしくはE5ライセンスのユーザーに対して今後数週間以内に提供される見通し。利用には管理者による設定が必要になります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly




カテゴリ

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本