Google、最適化されたコンテナイメージを生成する「buildpacks」をオープンソースで公開。Dockerfile不要でJavaやGo、Node.jsをコンテナへビルド

2020年10月12日

Googleは、アプリケーションのコードから最適なコンテナイメージを生成するツール群「buildpacks」(ビルドパック)をオープンソースで公開すると同時に、Google CloudのCloud Run、Anthos、Google Kubernetes Engine (GKE)がこのbuildpakcsに対応したことを発表しました

Buildpacksとは、アプリケーションをDockerfileなしでコンテナ化

通常、アプリケーションをコンテナ化するためには、コンテナの構成などを指定するための設定ファイルであるDockerfileを記述する必要があります。

アプリケーションをコンテナ化してテストなどを行う際には、プログラマはアプリケーションのコードだけでなくDockerfileのコードも記述するという手間がかかるわけです。

buildpacksは、このDockerfileを記述することなく、任意のプログラミング言語で書かれたアプリケーションのソースコードとフレームワーク、ライブラリ、ランタイムなど、ベストプラクティスに沿った実行可能なパッケージとしてコンテナ化する仕組みを備えています。

もともとHerokuがアプリケーションをクラウドへデプロイするための仕組みとして開発し、それをPivotalがCloud Foundryで採用するなど採用が広がり、2018年10月にはCloud Native Computing Foundation(CNCF)がプロジェクトとして採用し、事実上の業界標準と見なされるようになりました。

すでに今年3月以来、Googleはこのツール群を大規模に利用してきた

Googleが公開したbuildpacksツール群はこのCNCFの標準に合致しつつ、Googleのベストプラクティスを反映させたもので、セキュリティ、スピード、再利用性に最適化されたものだと説明されています。対応するのはGo、Java、Node、Python、.NET。

Googleはすでに今年の3月以来、このツール群を利用してほとんどのApp EngineとCloud Functionsで利用されているコンテナイメージをビルドした実績があるとしています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly


関連タグ Google Cloud / クラウド / Google



タグクラウド(β版)

クラウド / AWS / Azure / Google Cloud
コンテナ / Docker / Kubernetes
クラウドネイティブ / サーバレス
クラウド障害 / 運用・監視

プログラミング言語 / 開発ツール
JavaScript / Java / .NET / WebAssembly
HTML/CSS / Web標準

アジャイル開発 / スクラム / DevOps / CI/CD
ソフトウェアテスト・品質
ローコード/ノーコード開発

データベース / RDB / NoSQL / 機械学習・AI
Oracle Database / MySQL / PostgreSQL
Office / 業務アプリケーション

ネットワーク / HTTP / QUIC / セキュリティ
OS / Windows / Linux / VMware
ハードウェア / サーバ / ストレージ

業界動向 / 働き方 / 給与・年収
編集後記 / 殿堂入り / おもしろ

全てのタグを見る

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本