マイクロソフト、現実世界をデジタルに置き換えて分析や予測を行う「Azure Digital Twins」正式リリース

2020年12月16日

マイクロソフトはデジタルツインをMicrosoft Azure上で実現するクラウドサービス「Azure D)igital Twins」の正式リリースを発表しました。

Azure Digital Twinsは、IoTなどからのデータの取得や保存、時系列での参照やさまざまな分析機能などを備えたサービスです。

「デジタルツイン」とは一般に、現実世界をデジタルで再現したものを指します。現実世界とまるで双子(ツイン)のように似ていることからデジタルツインと表現されるわけです。

デジタルツインでは通常、IoTデバイスやセンサーなどによって現実世界の事象をデータとして取り込み、それをシミュレーションされた世界の中で分析することなどで、なんらかの機器の故障時期の予測など現実世界に対するさまざまな知見を得ることを可能にしてくれます。

例えば、テニスのテレビ中継でライン上のきわどいショットがラインの内側に入ったかどうかや、サッカーの試合でゴールラインの内側にボールが入ったかどうかを、コンピュータグラフィクスを使って分かりやすいアングルから見せる、という場面を見たことがあるかもしれません。

あれはつねにカメラがボールの動きを追跡し、その位置情報をコンピュータ内のテニスコートやサッカーのピッチ上に反映することでデジタルツインを作成し、それをもとにコンピュータグラフィックスを作成している、と見ることができるでしょう。

ビジネスにおけるデジタルツインでは、例えば工場や工事現場、製造機械、プラント、ビルなどのデジタルツインを作成することで、より効率的な生産や生産予測、故障予測、ビル内の適切な空調管理などのための分析などに使われます。

Azure Digital Twinsでは、Digital Twin Definition Language(DTDL)を用いたモデリングによるデジタルツインの定義、IoTデバイスなどからのデータの取得、 Azure Synapse AnalyticsやAzure Time Series Insightsなどによるデータの保存や分析などを可能にしています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly




カテゴリ

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本