WindowsにLinuxカーネルを組み込んだ「WSL 2」、はやくもWindows 10 Insiderプレビュー版で利用可能に

2019年6月18日

マイクロソフトはWindows上でLinux互換機能を提供するWindows Subsystem for Linux(WSL)の次期版となる「WSL 2」を、WIndows 10の早期アクセスプログラムであるWindows 10 Insider向けのPreviewビルド「Windows Insider Preview build 18917(20H1)」で利用可能になったことを明らかにしました

fig

Windows 10に専用のLinuxカーネルを組み込んで高い互換性と性能を実現

WSL 2は、Windows 10にマイクロソフトが独自に最適化したLinuxカーネルを搭載することで、Windows 10上にLinux互換の環境を実現します。

現在Windows 10で提供されている「WSL」は、LinuxシステムコールをWindowsカーネルのシステムコールに変換することでLinux互換環境を実現する仕組みを備えています。しかしこの方法ではLinuxシステムコールとの高度な互換性や高速性を実現することが難しかったため、次期バージョンの「WSL 2」ではLinuxカーネルをまるごとWindows 10内のWSLに組み込む仕組みが採用されました。

WSL 2に組み込まれているLinuxカーネルは、WSL 2用に最適化された専用のLinuxカーネルで、これをHyper-Vをベースにした軽量の仮想マシン内で実行します。

これによって前述のようにフル互換のLinux環境を実現。WSLでは対応できなかったDockerやFUSE(Filesystem in Userspace)などにも対応できるようになります。

さらにWSLと比べて最大20倍ものファイルシステム性能が実現できると説明されています。また、Windows 10 Homeを含むすべてのWindows 10で利用可能になる予定です。

参考:[速報]Windows上でフル互換のLinuxシステムコールを実現する「WSL 2」発表、Dockerも実行可能に。Microsoft Build 2019

Windows 10は毎年春と秋に大規模なアップデートが行われます。今回のPreviewビルドは「Build 18917(20H1)」と称されているため、一般ユーザーへのWSL 2の提供は来年春の大規模アップデートがターゲットではないかと見られます。

WSL 2に最適化されたDocker Desktopがリリース

WSL 2の登場にあわせて、Docker社がDocker Desktop for WSL 2のリリースを発表しました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly




カテゴリ

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本