Dart製UIツール「Flutter 1.2」正式リリース。Webベースのデバッグツール「Dart DevTools」登場

2019年3月4日


Googleは、Dart製のUIフレームワーク「Flutter」の最新バージョン「Flutter 1.2」正式版のリリースを発表しました

fig1

Flutter 1.2では、同時期に発表されたDart 2.2のSDKをサポート。さらにFlutter自身も主に下記の3つの改善が行われています。

今回最も大きなアップデートは、3つ目のDevToolsの登場でしょう。WebベースのDevToolsはDartおよびFlutterに対応しており、現時点で主に次のような機能を備えています。

fig2

Widget Inspector:Flutterのレンダリング状況をツリー構造で参照、探索できる

TImeline View:1フレーム描写する毎レベルで、どのようにレンダリングや計算などが行われているかを参照できる

Source-level Debugger:ステップ実行やブレークポイントが設定でき、スタックの状態などを調査可能

Logging View:ネットワーク、フレームワーク、ガベージコレクションのイベントなど、アプリケーションの実行状況をログとして参照可能

FlutterのRoadmapによると、近いうちに毎月ベータ版をリリースし、1年に4回(すなわち3カ月ごと)に安定版をリリースするというサイクルに入るとのこと。今後はこのペースでアップデートが進んでいくことになりそうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly


≫次の記事
パスワードを不要にするFIDO2プロトコルに、Android 7以降の全デバイスが適合。FIDOアライアンスが「AndroidがFIDO2認定取得」と発表

≪前の記事
生成されるネイティブコードがさらに高速になった「Dart 2.2」登場


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig