Cisco ACIがAWSとAzureでも利用可能に。Software-Defined Network機能でオンプレミスもマルチクラウドも統合したネットワークの管理運用を実現

2019年1月30日

米シスコは、スペインのバルセロナで開催中のイベント「Cisco Live Barcelona 2019」において、Cisco ACI(Application Centric Infrastructure)が、Amazon Web Services(AWS)とMicrosoft Azureで利用可能になると発表しました

fig

Cisco ACIは、Software-Defined Networkを実現するフレームワークおよび製品群です。ルータやスイッチなどによるネットワークの機能、構成、設定などを抽象化し、ソフトウェアで制御可能にすることで、迅速かつ統合的なネットワークの設定、管理、運用を実現します。

Cisco ACIは、同社の物理スイッチや物理ルータ、仮想スイッチなどによって構築されたネットワークなどで利用可能でしたが、今回の発表はそれをAWSとMicrosoft Azureでも利用可能にするというものです。

具体的にはCisco ACIによる操作をAWSやMicrosoft Azureのネイティブなネットワーク機能に変換し、呼び出すことによって実現されます。

これによりすでにCisco ACIが導入されているオンプレミスやプライベートクラウドとAWSやAzureを組み合わせてシームレスなネットワークの構築、管理、運用を統合的に行えるようになります。

fig 左上のAWSと中央のオンプレミス、右下のAzureのデータセンターをまとめてシスコのMulti Site Orchestoratorで管理し、シームレスにネットワークで接続したところ
このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly


関連タグ AWS / Microsoft Azure / ハードウェア / Cisco / Software-Defined Network



タグクラウド(β版)

クラウド / AWS / Azure / Google Cloud
コンテナ / Docker / Kubernetes
クラウドネイティブ / サーバレス
クラウド障害 / 運用・監視

プログラミング言語 / 開発ツール
JavaScript / Java / .NET / WebAssembly
HTML/CSS / Web標準
アジャイル開発 / スクラム / DevOps / CI/CD
ソフトウェアテスト・品質
ローコード/ノーコード開発

データベース / RDB / NoSQL / 機械学習・AI
Oracle Database / MySQL / PostgreSQL
Office / 業務アプリケーション

ネットワーク / HTTP / QUIC / セキュリティ
OS / Windows / Linux / VMware
ハードウェア / サーバ / ストレージ

業界動向 / 働き方 / 給与・年収
編集後記 / 殿堂入り / おもしろ

全てのタグを見る

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本