「Azure NetApp Files」が正式版に。Azure上でNetAppを用いたスケーラブルなNFS/SMBストレージが利用可能

2019年5月31日

マイクロソフトは同社のクラウドサービスである「Microsoft Azure」で、NetAppのストレージOSであるONTAPを用いたストレージサービス「Azure NetApp Files」が正式サービスとして提供開始されたことを発表しました

fig

NetAppは高性能なオンプレミス用のストレージ製品を数多く提供している大手ストレージベンダの1つです。

同社のストレージ製品は「ONTAP」と呼ばれるストレージOSが使われており、Azure NetApp FilesでもこのONTAPを用いたストレージをAzure上で用いることで、オンプレミス用のNetAppストレージとの互換性や高い性能を実現しつつ、マネージドなストレージサービスを提供しています。

具体的には、ONTAPで実現されるNFSv3/SMB 3.1プロトコルの対応や、スナップショット機能、高可用性機能、暗号化、アクセス管理やActive Directoryなどの機能や性能とともに、クラウドサービスとしてのスケーラビリティ、柔軟な料金体系などの特徴を備えています。

これにより特にオンプレミスでNetAppのストレージを利用してシステム構築を行ってきたユーザーにとって、これまでと同様のアプリケーション、運用、スキルなどをそのままMicrosoft Azureへ持ち込むことができ、クラウドへのマイグレーションやハイブリッドクラウド構成の実現が容易になることが期待されます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly




カテゴリ

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本