Heroku Postgres、データベース性能と容量を向上させた「Postgres PGX」アップデート

2018年2月2日


Herokuは1月17日、マネージドサービスとして提供しているデータベースサービス「Heroku Postgres」をメジャーバージョンアップした「Heroku Postgres PGX」を発表、同日から提供を開始したと発表しました

新しい料金プランは現時点で次のようになっています。8段階のプランに分かれ、これまでよりも適切なプランを選択できるようになったとのこと。

Postgres PGXの新価格表

特にレベル4以上では、メモリ、I/O性能、ネットワーク性能の面で大幅に強化されていると説明されています。下記はレベル4におけるこれまでのHeroku PostgresとPostgres PGXの比較です。メモリ、IOPS、VCPU数ともに2倍になっていることが分かります。

Heroku PostgresとPostgres PGXの比較

既存のStandard-2、Premium-2、Private-2プランを選択しているユーザーは、自動的にPostgres PGXへのアップデートが済んでおり、プラン4以上の場合にはdata.heroku.comへアクセスすることでアップデートのガイドが表示されるとのことです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly


≫次の記事
デルの再上場もしくはVMwareとの合併、デルが正式に検討中と認める。米証券取引委員会へ提出した書類で

≪前の記事
Kubernetesを統合した「Docker for Windows Desktop with integrated Kubernetes」リリース


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig