AWS日本法人、クラウド初心者向けにマンガの連載をはじめる。英語版も登場予定

2018年9月6日


Amazon Web Services(AWS)といえば日本市場においてもクラウド市場の先駆者であり、技術志向でクラウドに敏感なエンジニアやエンタープライズにフォーカスしてイベントや広告などの施策をしてきた印象があります。

ところがそのAWSがなんと、クラウド入門者向けのマンガの連載コンテンツ「なな転び八起きのAWS開発日記」を公開しています。

なな転び八起きのAWS開発日記

主な登場人物は、新人エンジニアとして東京の会社に転職したばかりの八起ななこ(やおきななこ)と、AWSのSolutions Architect (ソリューションアーキテクト)である目黒はじめ(めぐろはじめ)の2人。

ある会社に転職した新米エンジニアの八起ななこは、転職先でいきなりプロモーション用Webサイトの立ち上げをまかされたものの、実はインフラに関する経験不足で困ってしまい……という内容。

まだストーリーは始まったばかりですが、どうやらこれからAWSで簡単にVPS(仮想プライベートサーバ)を立ち上げることができるAmazon Lightsailを使ってWebサイトを構築していくようです。

そういえばちょうどAmazon Lightsailは先月の価格改定でほぼ半額になったばかりですから、そのキャンペーンの一環なのかもしれません。

米AWSが日本語から英語に翻訳していると

このマンガは日本のAWSが作成したようなのですが、なんと米AWSのツイートによると翻訳による英語版が数カ月以内に登場するそうです。

英語圏のクラウドエンジニアたちは、日本の漫画コンテンツをどんな風に受け止めるのでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly


≫次の記事
Microsoft Azure米国中南部リージョン、落雷などで冷却が失われ自動シャットダウンが発動。24時間以上障害から復旧せず

≪前の記事
Go言語チームとGoogleが「Go Cloud」プロジェクト発表。同一コードでAWSやGoogle Cloudなどに対応できるポータブルなクラウドアプリの実現へ


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig