オープンソースのエディタ「Visual Studio Code 1.6」リリース。TypeScript 2.0対応、セーブ時にコードを自動フォーマットしてくれるFormat on Save機能など

2016年10月12日

マイクロソフトは、オープンソースで開発しているエディタ「Visual Studio Code」の最新版となる「Visual Studio Code 1.6」のリリースを発表しました

fig

Visual Studio Code 1.6の主な追加変更点は、先月正式版が登場したTypeScript 2.0に対応。新機能として、ファイルセーブ時にコードの書式を自動的にフォーマットし直してくれる「Format on Save」、API経由でエディタのコンフィグレーション変更など。またTypeScriptとJavaScriptの文法チェックをしてくれるTypeScript JavaScript Grammarがプレビュー版として用意されています。

TypeScript 2.0同梱、保存時にソースコードを自動フォーマットなど

Visual Studio Code 1.6では、TypeScript 2.0.3が同梱されます。そのためTypeScript 2.0のエディタとしてコード補完などが使えるだけでなく、Visual Studio CodeでTypeScript 2.0をJavaScriptへトランスパイルすることも可能になっています。

Format on Save機能は、文字通りセーブ時に自動的にソースコードをフォーマットしてくれる機能。いちいちフォーマッターを手動で呼び出す必要がないのと、意識せずとも自動的にプロジェクト全体のコードフォーマットを整えられるようになるので、便利に感じるプログラマも多いのではないでしょうか。

APIの「WorkspaceConfiguration」では、拡張機能からコンフィグレーションを追加、更新、削除できるようになりました。これによってVisual Studio Codeのエディタ自身と拡張機能に対するコンフィグレーションを容易に行えるようになりそうです。

そのほか、エディタのさまざまな場面でアイコンが活用されるようになり、またお勧めの拡張機能を設定できる「Workspace Extension Recommendations」コンフィグレーションの追加で、チーム内で拡張機能がシェアしやすくなるなど、多くの機能が追加されています。

fig より多くのアイコンを活用
fig お勧めの拡張機能を表示
このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly




カテゴリ

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本