TypeScript 2.0正式版が登場。今後も開発者の生産性を加速していくと

2016年9月26日

マイクロソフトはTypeScirpt 2.0の正式版がリリースされたことを発表しました

TypeScript 2.0 is now available! | TypeScript

TypeScriptは、JavaScriptを生成するためのいわゆるAltJSと呼ばれる言語の1つで、マイクロソフトがオープンソースとして開発しています。WebアプリケーションのフレームワークAngular 2はTypeScriptで開発されていることが知られています

TypeScriptは、JavaScriptを大規模なアプリケーション開発にも対応できるようにしたもの。コードを静的解析することでバグを発見しやすいような変数の型付けなどの構文を備えています。

TypeScript 2.0の主な新機能として、JavaScriptでバグの発生要因になりやすかったNull値やUndefined値を変数の値として持てないようにする「Non-nullable Types」機能を搭載。

また、Union型(共用体)ではF#やSwift、Rustのように変数にタグ付ができるタグ付共用体などをサポート。

コードを静的解析するコンパイラにもコントロールフローと呼ばれる新しい手法を用い、従来よりも適切なエラーメッセージが表示されるようになっています。

マイクロソフトのブログでは、今後のTypeScriptの展開を次のように書いています

Going forward, we will continue to work with our partners and the community to evolve TypeScript’s type system to allow users to further express JavaScript in a statically typed fashion. In addition, we will focus on enhancing the TypeScript language service and set of tooling features so that developer tools become smarter and further boost developer productivity.

この先、私たちはパートナーやコミュニティと協力してTypeScriptの型システムを進化させていき、静的型付けされた方法でさらにJavaScriptを表現できるようにしていきます。
さらに、TypeScriptの言語関連サービスとツールの機能への拡張に焦点を当てて、デベロッパーツールがより賢くなり、開発者の生産性を加速していきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : JavaScript , Microsoft , TypeScript , 開発ツール



≫次の記事
[速報]マイクロソフト、Windows Server 2016正式版を公開。Microsoft Ignite 2016
≪前の記事
IBM、自社のJavaVMをオープンソース化すると発表。COBOLやPL/IのランタイムをJavaVMにも。Java 9と同時に正式版リリースを予定。JavaOne 2016

カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig