ソラコム、IoTデバイスからのデータをKinesisやAzureへ転送する「SORACOM Funnel」発表

2016年1月27日

IoTデバイス向けの通信サービスをクラウドで提供するソラコムは、IoTデバイスから送られてきたデータをAmazon KinesisやMicrosoft Azure Event Hubsなどへ自動的に転送するサービス「SORACOM Funnel」を発表しました。

fig

これまでIoTデバイスから送られてきたデータを他のサービスへ転送し保存する場合には、ユーザー自身が転送処理やデータの加工処理などのプログラムを書く必要がありました。

SORACOM Funnelはソラコムがサービスに対するアダプタを提供するため、簡単に他のサービスを利用できるようになります。

現在用意されているアダプタは、Amazon Kinesis、Amazon Kinesis Firehose、そしてMicrosoft Azure Event Hubsの3つ。

ソラコムはこれで、同社の基本的なIoTデバイス向け通信サービスである「SORACOM Air」、データ変換サービスである「SORACOM Beam」に加えて、プライベート接続サービスの「SORACOM Canal」、専用線接続サービスの「SORACOM Direct」、認証サービスの「SORACOM Endorse」、そしてサービスへ転送する「SORACOM Funnel」と、6種類のサービスを展開することになります。

fig

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly




カテゴリ

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本