ソラコム、IoTデバイスからのデータをKinesisやAzureへ転送する「SORACOM Funnel」発表

2016年1月27日

IoTデバイス向けの通信サービスをクラウドで提供するソラコムは、IoTデバイスから送られてきたデータをAmazon KinesisやMicrosoft Azure Event Hubsなどへ自動的に転送するサービス「SORACOM Funnel」を発表しました。

fig

これまでIoTデバイスから送られてきたデータを他のサービスへ転送し保存する場合には、ユーザー自身が転送処理やデータの加工処理などのプログラムを書く必要がありました。

SORACOM Funnelはソラコムがサービスに対するアダプタを提供するため、簡単に他のサービスを利用できるようになります。

現在用意されているアダプタは、Amazon Kinesis、Amazon Kinesis Firehose、そしてMicrosoft Azure Event Hubsの3つ。

ソラコムはこれで、同社の基本的なIoTデバイス向け通信サービスである「SORACOM Air」、データ変換サービスである「SORACOM Beam」に加えて、プライベート接続サービスの「SORACOM Canal」、専用線接続サービスの「SORACOM Direct」、認証サービスの「SORACOM Endorse」、そしてサービスへ転送する「SORACOM Funnel」と、6種類のサービスを展開することになります。

fig

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : IoT , Soracom , クラウド



≫次の記事
さくらインターネット、ベアメタルサーバを提供する「さくらのVPS ベアメタルプラン」提供開始。メモリ8GBプラン、SSD111GB、物理2コアCPUで月額7776円
≪前の記事
ソラコム、IoTデバイスを使った認証サービス「SORACOM Endorse」発表。デバイスに認証トークンを発行

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus