ソラコム、「SORACOM Canal」発表。クラウド内で同社のIoT通信サービスと顧客のシステムとをピア接続

2016年1月27日

IoTデバイス向けの通信サービスをクラウドで提供するソラコムは、クラウド上でソラコムのシステムと顧客のシステムとをプライベート接続する新サービス「SORACOM Canal」を発表しました。

SORACOM Canalを利用することで、IoTデバイスからキャリア回線から専用線を通じてクラウド上のソラコムを経由して顧客のシステムまで、通信経路は一度もインターネットを通ることなく接続され、セキュアで高速な通信が実現できます。

fig

具体的な仕組みは、Amazonクラウドの東京リージョン上にあるSORACOMのVirtual Private Gatewayと顧客のVPCをVPCピアリングすることで実現しています。

fig

これまでSORACOMから顧客向けの通信の出口にはグローバルIPアドレスが用いられていたため、顧客のシステムとの接続にはいったんインターネットを経由する必要がありました。

SORACOM CanalではAmazonクラウドが標準機能として提供するVPCピアリングを利用するため、よりセキュアで遅延の小さい通信が実現できることが大きなメリットとなります。

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : IoT , Soracom , クラウド



≫次の記事
ソラコムのシステムに専用線で接続する「SORACOM Direct」発表。AWS Direct Connectを利用
≪前の記事
厳格なウォーターフォールの金融系IT企業が、スクラムを採用した初のアジャイル開発プロジェクトの経緯と成果を語る(後編)。Regional SCRUM GATHERING Tokyo 2016

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus