ソラコムのシステムに専用線で接続する「SORACOM Direct」発表。AWS Direct Connectを利用

2016年1月27日

IoTデバイス向けの通信サービスをクラウドで提供するソラコムは、クラウド上にあるソラコムのプラットフォームと、クラウド外や別のクラウドなどにあるシステムと専用線で接続するサービス「SORACOM Direct」を発表しました。

fig

Amazonクラウドの東京リージョンにあるSORACOM Virtual Private Gatewayに対して、AWS Direct Connectの機能を用いて専用線で接続するという仕組み。

fig

同時に発表されたSORACOM CanalとSORACOM Directはともに、ソラコムのシステムと顧客のシステムとをセキュアに接続する機能を提供するサービス。IoTデバイスから生体データなどのセンシティブなデータなどが送られてくる場合でも安全に扱うことができるようになるといえます。

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ 業界動向 / IoT / その他
タグ  IoT , Soracom


次の記事
ソラコム、IoTデバイスを使った認証サービス「SORACOM Endorse」発表。デバイスに認証トークンを発行

前の記事
ソラコム、「SORACOM Canal」発表。クラウド内で同社のIoT通信サービスと顧客のシステムとをピア接続


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig