IBMがMongoDBのDBaaSベンダー「Compose」を買収。Bluemix強化へ

2015年7月28日

IBMは、データベースをクラウドサービスとして提供する、いわゆるDBaaSベンダーの「Compose」を買収したと発表しました

IBM acquires Compose - United States

Composeは2010年にMongoHQという社名で発足し、2014年にComposeへと社名変更しています。当初の社名の通りMongoDBをクラウドサービスで提供することで知られており、それ以外にもRedis、PostgreSQLなどのデータベースもサービスとして提供しています。

ComposeのサービスはIBMのPaaS型クラウドサービスのBluemixに統合され、デベロッパー向けのデータベースサービスとして提供されると説明されています。

IBMは2013年にMongoDBを開発している米10genと提携。MongoDBのデータ形式であるBSONの標準化に参画し、またDB2にもBSONに対応したNoSQL機能を組み込むなど、MongoDBに積極的な姿勢を見せていました。

またIBMは昨年、NoSQLの代表的なソフトウェアの1つであるCouchBaseのDBaaSを提供しているCloudantの買収も行っています。これもBluemixで提供しており、モバイルアプリケーションのバックエンドなどに向けて提供しています。

IBMは買収したサービスをBluemixに統合することで、Bluemixをより強力なプラットフォームへと前進させていく戦略をとっています。今後も同社による買収とBluemixへの統合は続くとみられます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly




カテゴリ

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本