VMware、Dockerのような独自の新技術「Project Fargo」発表。1秒以下で仮想マシン起動を実現。VMworld 2014

2014年8月27日

VMwareはサンフランシスコで開催中の「VMworld 2014」において、急速に普及するコンテナ技術の1つであるDockerとの協業を発表し、積極的にVMware製品群で対応することを明らかにしました。

その一方で同社はDockerのような、仮想マシンをまるでコンテナのように軽量に扱える独自の新技術「Project Fargo」の存在を明らかにしました。その概要がVMware CTO, AmericasのChris Wolf氏がポストしたブログ「VMware and Docker – Better Together」で説明されています。

これを基にProject Fargoがどういうものか、紹介していきましょう(ただしPublickeyによる推測を交えているため、必ずしも正確ではない可能性があります)。

Dockerの実装技術を仮想マシンにも応用

「Project Fargo」は、簡単に言えば仮想マシンの差分クローンを高速かつスケーラブルに実現する技術を基盤としています。仮想マシンから差分クローンによって生成されるのが「子仮想マシン」(Child VM)で、この子仮想マシンが(Dockerに代表される)コンテナ技術におけるコンテナに相当します。

そしてこの子仮想マシンには、次の利点があります。

fig VMware and Docker – Better Together」から引用。図上の仮想マシンからクローンされた子仮想マシンは、元の仮想マシンの内容は書き換えず、自分のメモリ領域には差分だけを持つ。図下のストレージ領域でも、元の仮想マシンの内容は書き換えず、子仮想マシンの領域では差分だけを持つ
  • 子仮想マシンは1秒以下で起動
  • 子仮想マシンが必要とするメモリ容量、ストレージ容量の小ささ

子仮想マシンは、元になる仮想マシンから生成されると、元になる仮想マシンのメモリ領域を書き換えることなく、その差分だけを持つようです。また子仮想マシンがストレージに何かを書き込む場合、元となった仮想マシンのデータに対する差分だけがストレージに書き込まれます。

子仮想マシンの起動時には元の仮想マシンの差分だけをハイパーバイザ上に展開すればよいため、高速な起動や小さなメモリ領域を実現し、ストレージ領域も差分だけを保存できればいいため、小さなストレージ領域を実現できる、ということのようです。

これはDockerの内部実装で使われている、差分だけを書き込む「Copy-on-Write」と基本的に同じ技術を利用していると言っていいでしょう。

参考:今からでも間に合うDockerの基礎。コンテナとは何か、Dockerfileとは何か。Docker Meetup Tokyo #2 - Publickey

Project Fargoが実現すると、従来の仮想マシンの利点はそのまま、コンテナのような高速なプロビジョニングを実現すると、VMware CTO, AmericasのChris Wolf氏は次のように書いています。

For enterprise applications, imagine getting the speed of containers-based provisioning but maintaining all of the VM-level goodness that you count on (such as security isolation, infrastructure portability, and centralized management).

エンタープライズアプリケーションにおいて、コンテナのようなプロビジョニングのスピードを得つつ、仮想マシンレベルの信頼性などの利点をすべて得ることができる(例えばセキュリティ分離、インフラのポータビリティ、そして集中管理)。

VMworld 2014の基調講演で同社CEOのパット・ゲルシンガー氏は、VMwareが目指すSoftware-Defined Data Centerにおいて、Dockerをサポートすると同時にvSphereのレイヤでコンテナをサポートすると説明しています。このvSphere内部におけるコンテナ実装は、おそらくProject Fargoのことではないかと推測されます。

fig

つまりVMwareはProject FargoをDocker対抗と位置づけるのではなく、両方を共存させ、どちらも自社製品でサポートしていくつもりのようです。

Project Fargoは現在開催中のVMworld 2014ではじめてプレビューが公開されました。製品化の時期などは明らかになっていません。

VMworld 2014

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly


関連タグ VMware / コンテナ型仮想化 / 仮想化



タグクラウド(β版)

クラウド / AWS / Azure / Google Cloud
コンテナ / Docker / Kubernetes
クラウドネイティブ / サーバレス
クラウド障害 / 運用・監視

プログラミング言語 / 開発ツール
JavaScript / Java / .NET / WebAssembly
HTML/CSS / Web標準
アジャイル開発 / スクラム / DevOps / CI/CD
ソフトウェアテスト・品質
ローコード/ノーコード開発

データベース / RDB / NoSQL / 機械学習・AI
Oracle Database / MySQL / PostgreSQL
Office / 業務アプリケーション

ネットワーク / HTTP / QUIC / セキュリティ
OS / Windows / Linux / VMware
ハードウェア / サーバ / ストレージ

業界動向 / 働き方 / 給与・年収
編集後記 / 殿堂入り / おもしろ

全てのタグを見る

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本