[速報]VMwareがDockerと協業発表。エンタープライズにおけるコンテナ環境の実現へ。Kubernetesにも参加を表明。VMworld 2014

2014年8月26日

VMwareの年次イベント「VMworld 2014」が米サンフランシスコで開幕しました。同社CEOのパット・ゲルシンガー氏は基調講演に登壇。VMwareのソフトウェアをコンテナの最適な運用環境とするとして、Docker、Googleなどとの協業を発表しました。

VMwareがDocker、Googleとの協業を発表

VMware CEO、パット・ゲルシンガー氏。

fig

仮想マシンかコンテナか、という選択ではない。どちらもアプリケーションをデリバリするためのものだ。

fig

私たちはコンテナの最適な環境を仮想マシンを通して提供するために、Docker、Google、Pivotalとの協業を発表する。そしてコンテナをエンタープライズに対応するものにしていく。

fig

Software-Defined Data Centerプラットフォームの上に、オープンなコンテナAPIを実装していく。

fig

Software-Defined Data Centerは、あらゆるアプリケーションのためのプラットフォームになる。

VMware環境上でのDockerの対応、Kubernetesへの参加

VMwareとDockerは協力して以下のことなどに取り組むとしています

またVMwareはGoogleとの協業も発表。VMwareはすでにvSphereによるコンテナ管理を容易にするため、Googleがオープンソースとして開発しているDockerコンテナの管理ツールKubernetesに対する貢献などを行ってきており、今後もエンタープライズ向けのKubernetesのAPIやツールなどの開発を行うとしています。

VMwareによるコンテナ実装も

発表された情報だけではVMwareがどのようにDocker対応を実現するのか具体的な詳細は分かりませんが、次の2つが考えられます。

1つはVMwareの仮想環境で、ハイパーバイザとコンテナを分け隔てなく管理できるようにすることでコンテナを扱いやすくすること、もう1つはゲルシンガー氏が「Project Fargo」と呼ぶコンテナ機能を持つLinuxの実装について言及しているため、VMware自身がDockerのようなLinuxコンテナ技術の実装を用意しているのかもしれません。もともとVMwareはCloud Foundryの開発においてWarden(ウォードン)というコンテナを以前から実装しており、技術的な知見は十分にあるはずです。

追記:Project Fargoについての解説記事を書きました。Linux実装ではなく、vSphereの新実装のようです。

また、VMwareがコンテナをエンタープライズ対応にするとを表明している点も注目されます。Dockerがエンタープライズでも普及していく呼び水となるかもしれません。

VMworld 2014

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : Docker , Vmware , 仮想化



≫次の記事
[速報]VMwareによるOpenStack「VMware Integrated OpenStack」登場。VMworld 2014
≪前の記事
積水化学工業、オープンソースと内製化、2万人のメールをクラウドへ移行でエンジニアのモチベーションが大いに上がった AWS Summit Tokyo 2014

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus