[速報]インターネットの歴史に刻まれる、最後のIPv4割り当てセレモニーが終了

2011年2月4日

2月3日午後11時30分(日本時間)、インターネットを管理しているおもな団体であるNumber Resource Organization(NRO)、Internet Corporation for Assigned Names and Numbers(ICANN)、Internet Society(ISOCC)、Internet Architecture Board(IAB)は共同で、最後のIPv4のアドレスブロックを世界に5つある地域インターネットレジストリ(RIR:Regional Internet Registry)に分配し、IPv4の配布を終了するというセレモニーを開催、インターネットで世界中に中継しました。

fig 最後のIPv4アドレスブロックの割り当てを受けてスピーチする、アジア太平洋地域を担当のAPNIC代表。この前にアフリカ地域を担当するRIPE NCC代表がアドレスブロックを受け取りスピーチを行ったが、セレモニーの中継を見るための日米間の回線が込んでいたためか、残念ながらそのときの映像が届いていなかった
fig 北米地域を担当するARIN代表が最後のアドレスブロックを受け取る
fig 南米とカリブを担当するLACNIC代表が最後のアドレスブロックを受け取る
fig 欧州、中東、アフリカを担当するRIPE代表が最後のアドレスブロックを受け取る

これをもってインターネット開設以来続いてきたIPv4の配布は終了し、インターネットの歴史に1つの区切りが刻まれました。APNICの代表はスピーチで、2月3日の日本の行事である「節分」に触れ、今日を境にインターネットもIPv4からIPv6へと新しい季節を迎えるのだとしました。

このインターネット中継は英語で行われましたが、並行して日本インターネットエクスチェンジ、日本レジストリサービス、インターネットイニシアティブ、インターネットマルチフィードの4社による日本語同時通訳の中継も行われていました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly


関連タグ ハードウェア / 運用・監視



タグクラウド(β版)

クラウド / AWS / Azure / Google Cloud
コンテナ / Docker / Kubernetes
クラウドネイティブ / サーバレス
クラウド障害 / 運用・監視

プログラミング言語 / 開発ツール
JavaScript / Java / .NET / WebAssembly
HTML/CSS / Web標準

アジャイル開発 / スクラム / DevOps / CI/CD
ソフトウェアテスト・品質
ローコード/ノーコード開発

データベース / RDB / NoSQL / 機械学習・AI
Oracle Database / MySQL / PostgreSQL
Office / 業務アプリケーション

ネットワーク / HTTP / QUIC / セキュリティ
OS / Windows / Linux / VMware
ハードウェア / サーバ / ストレージ

業界動向 / 働き方 / 給与・年収
編集後記 / 殿堂入り / おもしろ

全てのタグを見る

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本