オラクル、データセンターを3重化したリージョンをワールドワイドに展開、AmazonよりIaaSを安く提供。エリソン氏「Amazonクラウドがリードする時代は終わった」。Oracle OpenWorld 2016

2016年9月20日

オラクルの年次イベント「Oracle OpenWorld 2016」がサンフランシスコで開幕しました。

例年通り、最初の基調講演は日曜日の午後5時(現地時間)から開始し、同社CTOとなったラリー・エリソン氏が登壇。エリソン氏が一人で発表とデモを行いました。

エリソン氏はオラクルのクラウドの強みとして、IaaS、PaaS、SaaSを一社で提供しする点を強調。

また、オンプレミスとクラウドでまったく同じソフトウェアを利用しているおかげで完全な互換性があることが他社にない独自の差別化要因だとしました。

その上でIaaSへ注力し、Amazonクラウドに対抗することを次の発表で明確に示しました。

Amazonクラウドがリードする時代は終わった

ラリー・エリソン氏。

fig

Amazonが成し遂げたことは尊敬しているが、私たちは、より先進的なデータセンターを提供する。

「アベイラビリティドメイン」と呼ぶ、建物も電源も分離された独立したデータセンターを3つクラスタ化し、高速なインターコネクトで接続、データを3重にコピーして冗長性を持たせた。

これで単一障害点をもたないリージョンを構成した。

fig

高速で低レイテンシのネットワークによって接続されたリージョンをワールドワイドに展開する。

fig

そしておそらく、これがいちばん面白いところだが、この第二世代のデータセンターでは、Amazonクラウドより2倍数のコア、2倍のメモリ、4倍のストレージ、10倍のI/O帯域を、Amazonクラウドよりも安価に提供する。

fig

Amazonクラウドがリードする時代は終わったのだ。 「Amazon's lead is over. Amazon's gonna have serious competition going foward」(エリソン氏)

Oracle OpenWorld 2016

JavaOne 2016

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : IaaS , Oracle



≫次の記事
オラクル、Docker対応の「Oracle Container Cloud」正式リリース。Oracle Container Registryも発表。Oracle OpenWorld 2016
≪前の記事
次期Java EE 8は2017年末までに開発完了するとオラクル。Java EE 9は2018年にも。JavaOne 2016

カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig