オラクル、Docker対応の「Oracle Container Cloud」正式リリース。Oracle Container Registryも発表。Oracle OpenWorld 2016

2016年9月20日

オラクルは「Oracle OpenWorld 2016」をサンフランシスコで開催しています。

初日の基調講演に登壇した同社CTOのラリー・エリソン氏は、壇上で矢継ぎ早に新サービスを発表していきます。

クラウド新機能の1つとして発表されたのがDocker対応の「Oracle Container Cloud」正式リリースでした。Oracle Container Cloudは、1年前の「Oracle OpenWorld 2015」で発表されたもの

Docker対応のコンテナが稼働し、Kubernetes、MesosなどのオーケストレーションやJenkinsなどのCIとも連係するというものでした。

figOracle OpenWorld 2015で発表されたときに示されたOracle Container Cloudのスライド

Oracle Container Cloud正式リリース

エリソン氏。

昨年、DOcker互換のクラウドサービスを発表したが、開発が完了し、公開を発表する。

fig

合わせて、すべてのOracle製品のDockerイメージを提供する。モダンなクラウドデベロッパーのためのサービスだ。

またOracle Container Registryを発表する。Oracle Cloud上でのDockerイメージレジストリサービスだ。

fig

Oracle OpenWorld 2016

JavaOne 2016

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly




カテゴリ

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本