[速報]AWS LambdaでPythonが利用可能に。VPC対応、Cronのようなスケジューリングも実現。AWS re:Invent 2015

2015年10月9日

昨年、2014年のAWS re:Inventで発表された「AWS Lambda」は、インスタンスを起動する必要がなく、サーバ管理もスケーラビリティもクラウドにまかせつつ、クラウドで直接コードを実行できるという全く新しいサービスとして注目を集めました。

Lambdaは発表以来この1年でAPI Gatewayとの連係、Java対応、モバイルSDKなどのさまざまな新機能が追加。

fig

「AWS Lambdaはアプリケーションの開発と運用を劇的に変えた」(Amazon.com CTO Werner Vogels氏)

そのAWS Lambdaの新機能が、ラスベガスで開催中の「AWS re:Invent 2015」。2日目の基調講演で発表されました。

AWS LambdaからAmazon VPCへアクセスが可能になり、タイムアウトの時間が最大5分まで設定可能に、CronのようにスケジュールによってAWS Lambdaのファンクションを実行できるようになりました。

fig

さらに、AWS LambdaがPythonに対応したことも発表されました。Python対応は本日から。

fig

AWS re:Invent 2015 Day1

AWS re:Invent 2015 Day2

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : Amazon , クラウド



≫次の記事
[速報]わずか3ステップでモバイルアプリケーションを生成する「AWS Mobile Hub」発表。AWS re:Invent 2015
≪前の記事
[速報]Dockerイメージを管理する「Amazon EC2 Container Registry」発表。AWS re:Invent 2015

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus