[速報]「AWS Database Migration Service」を発表。最小のダウンタイムでオンプレミスからクラウドへデータベース移行。AWS re:Invent 2015

2015年10月8日

Amazon Web Servicesがラスベガスで開催しているイベント「AWS re:Invent 2015」。

初日の基調講演に登壇した同社シニアバイスプレジデントAndy Jassy氏は、最小のダウンタイムでオンプレミスからクラウドへデータベースを移行する「AWS Database Migration Service」を発表しました。

fig

「データベースをオンプレミスからクラウドへマイグレーションしたいという要望は多いが、データベースのトラフィックを維持しつつダウンタイムを最小にしながらマイグレーションするというのは難しい作業だ」とJassy氏。

「AWS Database Migration Service」は、はマイグレーションを容易に、最小のダウンタイムで実現するというサービス。

fig

具体的な働きは、オンプレミスからAmazonクラウドの同じ種類のデータベースへ、継続的にデータのレプリケーションを行うことでマイグレーションを実現。どんな規模のデータベースでも対応するとのこと。

fig

「では、もし異なるデータベースへとマイグレーションするとしたらどうだろう?」(Jassy氏)。

そこで発表されたのが、異なるデータベース間のデータ変換を実現する「AWS Schema Conversion Tool」。

fig

データベースのテーブルやパーティション、ビューやストアドプロシージャ、トリガー、ファンクションなどをターゲットとなるデータベース用に変換するツール。

もしも自動変換できない部分があれば、それを知らせるとともにマニュアルなどへのリンクを示してくれます。「80%は自動変換できる」(Jassy氏)。

この「AWS Schema Conversion Tool」と「AWS Database Migration Service」を組み合わせることで、クラウドへのデータベースマイグレーションが大きく変わることになるとJassy氏。

fig

AWS re:Invent 2015 Day1

AWS re:Invent 2015 Day2

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ クラウド
タグ  AWS , リレーショナルデータベース


次の記事
[速報]アプリケーションのセキュリティを自動査定してくれる「Amazon Inspector」発表。AWS re:Invent 2015

前の記事
[速報]Amazon RDSが「MariaDB」に対応。AWS re:Invent 2015

カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig