[速報]大容量データをクラウドへ“輸送”する「Amazon Snowball」発表。頑丈かつ安全な専用ストレージ機器利用。AWS re:Invent 2015

2015年10月8日

企業がクラウドを利用する際に、何百テラバイトもの大容量データを転送する必要に迫られることがあります。しかし、ネットワーク回線を通じての転送は時間も帯域もかかります。

その解決策としてAmazonクラウドは、データを物理的なストレージに保存して輸送する専用ストレージ機器を用いた新サービス「Amazon Snowball」を、ラスベガスで開催中のイベント「AWS re:Invent 2015」で発表しました。

fig

Amazon Snowballは、ハードディスクにデータを保存してAmazonクラウドに送付できるサービス「AWS Import/Export」の新しいオプション。

防水で8.5Gの衝撃に耐える頑丈なケース内に50テラバイトのストレージを内蔵。E Inkのラベルが表示されており、10Gbイーサネットで接続できます。

クラウドからデータ転送アプリケーションをダウンロードし、それを用いてデータをSnowballに転送します。

fig

これが実際のSnowball。

fig

データの暗号化はSnowball内で行われるためセキュアでシンプルにデータを保存。

fig

しかもSnowballはパラレルに利用できるので、10個をネットワークに接続すれば100Gb分のスループットで高速にデータ転送が可能。

fig

AWS re:Invent 2015 Day1

AWS re:Invent 2015 Day2

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ クラウド
タグ  AWS , ストレージ


次の記事
[速報]Amazon RDSが「MariaDB」に対応。AWS re:Invent 2015

前の記事
[速報]Amazonクラウド、インメモリの高速なBIツール「Amazon QuickSight」発表。クラウド内のデータソースを自動検知し接続。AWS re:Invent 2015


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig