Googleが企業向けの「Chromebooks for Work」強化。年50ドル、シングルサインオン対応など

2014年10月10日

Googleが開発した、WebブラウザとWebアプリケーションの利用にフォーカスしたデバイスのChromebook。GoogleはこのChromebookの企業向け利用プログラムである「Chromebooks for Work」の機能強化と新しい料金プランを発表しました

Official Google for Work Blog: Chromebooks for Work: More manageable for IT, more powerful for users

Chromebooks for Workでは、あらかじめ設定済みのGmailやGoogleドライブなどのアプリケーションの提供、24時間サポートのほか、企業がChrombookのユーザーやデバイス、アプリケーションを一元管理するための機能などが提供されています。

今回発表された新機能ではSAMLを利用したシングルサインオンに対応。マイクロソフトのActive Directory Federation Services(AD FS)など、すでに企業内のディレクトリサービスなどによってユーザーが管理されている場合、Chromebookのユーザー管理をそれと統合できるようになりました。また個人アカウントと仕事用のアカウントをすぐ切り替えられるマルチプルサインイン機能も追加されました。

また802.1X EAP-TLSワイヤレスネットワークへのアクセスためのクライアント認証を簡単に発行する機能も追加。

仮想デスクトップを提供するシトリックスは、Chromebookに特化したネイティブアプリでGoogle Cloud Printにも対応した「Ctrix Reciever optimized for Chromebooks」の提供も発表しています。

デバイス当たり年額50ドルのサブスクリプション

Chromebooks for Workは新価格としてデバイス当たり年額50ドルの年間サブスクリプションの提供も開始。ライセンスポータビリティにより、契約中にデバイスを変更してもライセンスが引き継がれるようになっています。ただし新価格は現在のところ米国とカナダのみで、今後他の地域にも適用していくとのことです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ 業務アプリケーション / Office
タグ  Chrome , Google


次の記事
コーラを飲むエリソン氏とJavaOneに帰ってきたゴスリング氏

前の記事
NoSQLのAmazon DynamoDBがJSONドキュメントに対応、25GB/月間2億リクエストまで無料枠も拡大


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig