[速報]アドビ、PhoneGapを買収。モバイルのクロスプラットフォーム対応へリベンジ

2011年10月4日

米アドビシステムズは、HTML5、CSS、JavaScriptなどWeb標準の技術で作成したモバイルアプリケーションを、iPhoneやAndroidなどのデバイスにインストール可能なネイティブアプリケーションへと変換するフレームワーク「PhoneGap」を開発する企業「Nitobi」の買収を発表しました

PhoneGap

Adobe AIRのつまづきをPhoneGapでリベンジ

アドビはこれまで、「Adobe AIR」でHTMLやJavaScriptなどのWeb標準やFlashなどを用いて、PCからモバイルまでOSやデバイスにとらわれないクロスプラットフォームなアプリケーションを実現しようとしていました。

しかしアップルのiOSがFlashに対応せず、一時はFlashから変換したアプリケーションの実行も禁止したため、Adobe AIRによるクロスプラットフォーム対応はつまずいてしまいました(追記: Package for iOSの投資はいちど停止しましたが、その後アップルのライセンス変更により開発が再開。AIR 2.6からはiOSアプリの書き出しに対応するようになっており、現在ではiOSアプリの開発も可能です)。

PhoneGapは、WebアプリケーションをiOSやAndroid、BlackBerryなどのOSに対応したネイティブアプリケーションに変換(現在のところ、正確にはラップによりネイティブ化している)します。アップルはPhoneGapで変換したアプリケーションの実行をiOS上で禁止していないため、アドビがAdobe AIRで実現しようとしていたクロスプラットフォーム対応をPhoneGapは新たなアプローチで実現していることになります。アドビが買収に動いたのもうなずけます。

そしてアドビにとってPhoneGapが魅力的に映ったであろうもう1つの理由が、「PhoneGap Build」です。

PhoneGap Buildは、PhoneGapのコンパイルをサービスとして提供するもの。通常は開発者が手もとのデスクトップマシンで行わなければならないアプリケーションのコンパイル作業が、PhoneGapのサービスとして提供されるため、開発者はローカルでのコンパイル環境が不要になります。

これは今日、アドビが発表したクリエイターのためのクラウドサービス「Creative Cloud」のコンセプトとも一致します。近い将来、Creative CloudのサービスとしてPhoneGap Buildが提供されることになるのではないでしょうか。

Adobe MAX 2011

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : Adobe , HTML5 , Web標準 , モバイル , 開発ツール



≫次の記事
[速報]アドビ、HTML5対応ツールの充実と、マルチプラットフォーム対応を強化したAIR 3など披露。Adobe MAX 2011
≪前の記事
[速報]アドビも「クラウド+モバイル戦略」へ、「Creative Cloud」「Photoshop Touch」など発表。Adobe MAX 2011

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus