HTML5のモバイルアプリを“ネイティブアプリ化”する「PhoneGap」が正式版に。オンラインでの変換サービスも発表

2011年8月1日

HTML5、CSS、JavaScriptなどのWeb標準の技術で作成したモバイルアプリケーションを、iPhoneやAndroidなどのデバイスにインストール可能なネイティブアプリケーションへと変換するフレームワーク「PhoneGap」が、正式版「PhoneGap 1.0」になったと開発元のnitobiより発表されました

PhoneGap

PhoneGapはオープンソースソフトウェアとして開発されているソフトウェアで、無料でダウンロードし利用することができます。

デバイスごとのネイティブアプリケーションに変換

PhoneGapを、jQuery Mobileのようなマルチデバイスに対応したモバイルアプリケーション用フレームワークと組み合わせると、HTMLやJavaScriptなどのWeb標準の技術で容易にマルチデバイス向けアプリケーションを開発し、それをさまざまなデバイスに対応したネイティブアプリケーションへと変換可能になります。

ターゲットとなるモバイルOSは、iOS、Android、WebOS、Windows Phone 7、BlackBerry、Symbianなど。ネイティブ化したアプリケーションは、当然ながらAppStoreやAndroid Marketなどで販売可能です。

ただしPhoneGapのネイティブアプリケーション化は、ネイティブコードへとコンパイルするのではなく、Webアプリケーションをラップして実現する方式なので、アプリケーションの実行速度はそのままです。

デバイスAPIにも対応し、カメラやGPSによる位置情報などにもアプリケーションからアクセス可能になっています。

オンラインでのPhoneGap変換サービスも発表

PhoneGapの正式版に合わせて、PhoneGap開発元のnitobiはオンラインでPhoneGapの機能を提供するサービス「PhoneGap:Build」を発表しました。

PhoneGap:Buildは、Web標準で作られたアプリケーションをクラウドへアップロードすると、自動的にネイティブアプリケーションに変換されたファイルをダウンロードできるというサービス。

fig

PhoneGapを用いてローカルでアプリケーションを変換するには、アップルのSDKやAndroidのSDKなど、ターゲットとするモバイルOS用の開発環境をローカルに構築する必要がありますが、PhoneGap:Buildではそうした手間を省けるため、手軽に変換が可能になります。

PhoneGap:Buildは現在ベータ版で登録が必要。価格などは未定となっています。

関連記事

PhoneGapとともに注目されているjQuery Mobileは現在ベータ版。今月中には正式版が登場する見通しとなっています。

先週、@ITとASCII.jpでは申し合わせたようにPhoneGapに関する連載が始まりました。興味のある方はあわせてご覧ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : CSS3 , HTML5 , JavaScript , Web標準 , モバイル



≫次の記事
存在感が高まるOpenStack。デルがクラウド構築パッケージを発表。HPもプロジェクトに参加
≪前の記事
グーグルがNoSQL軽量ライブラリ「LevelDB」をオープンソース化。SQLiteとの比較ベンチマークも公開

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus