マイクロソフト、次期「Windows Server 2025」で無停止でOSアップデートを実現する「ホットパッチ機能」を全エディションで提供。Azure Arc経由での月額サービスの見通し

2024年2月7日

マイクロソフトは、次期Windows Serverとなる「Windows Server 2025」で、OSや実行中のワークロードを停止することなく自動的にOSのアップデートを行える「ホットパッチ機能」を、全エディションで提供することを明らかにしています

これまでこの機能はWindows Serverの一部のエディションでのみ提供されていました。

fig

ホットパッチ機能が次期Windows Serverで提供されることは、2023年11月に開催された同社のイベント「Microsoft Ignite 2023」のセッション「What’s New in Windows Server v.Next」で紹介されていました。

上記はそのセッションで示されたスライドです。

説明によると、ホットパッチ機能はWindows ServerのStandard版でもDatacenter Edtionでも利用可能。さらに、物理サーバ上で稼働していても、VMwareなどの仮想環境で稼働していても、Microsft Azureや他社のクラウド上で稼働していても利用可能です。

ただしホットパッチングの説明が、スライドの左側に示された「Arc-enabled Hotpatching Everywhere」となっているように、Windows Server 2025のホットパッチング機能は、Microsoft AzureからWindows Serverを管理するAzure Arcとセットで提供される見通しです。

そのため月額料金(Monthly Subscription)が発生するとも説明されています。

今後、この月額料金がいくらになるのかなどが明らかになっていくことでしょう。

ちなみに、このホットパッチング機能はすでに同社内のXboxの部隊が利用しており、これまで手作業で毎月3週間かかっていた約1000台のサーバのアップデートが、ホットパッチング機能によってわずか48時間で終わるようになったと説明されています。

fig

あわせて読みたい

Microsoft Azure OS Windows クラウド 運用・監視 Microsoft Windows Server




タグクラウド

クラウド / AWS / Azure / Google Cloud
コンテナ / Docker / Kubernetes
クラウドネイティブ / サーバレス
クラウド障害 / 運用・監視

プログラミング言語 / 開発ツール
JavaScript / Java / .NET / WebAssembly
HTML/CSS / Web標準

アジャイル開発 / スクラム / DevOps / CI/CD
ソフトウェアテスト・品質
ローコード/ノーコード開発

データベース / RDB / NoSQL / 機械学習・AI
Oracle Database / MySQL / PostgreSQL
Office / 業務アプリケーション

ネットワーク / HTTP / QUIC / セキュリティ
OS / Windows / Linux / VMware
ハードウェア / サーバ / ストレージ

業界動向 / 働き方 / 給与・年収
編集後記 / 殿堂入り / おもしろ

全てのタグを見る

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed

最新記事10本