WebAssemblyでOpenJDKのJavaランタイムを実装、JarファイルをそのままWebブラウザで実行できる「CheerpJ 3.0」正式リリース

2024年2月7日

Leaning Technologiesは、Webブラウザに対応したJavaランタイム「CheerpJ」の最新版となる「CheerpJ 3.0」を正式にリリースしました

fig

Webブラウザ上で実行可能なWebAssembly製JavaVM

前バージョンのCheerpJは、Javaのバイトコードを事前コンパイルによりJavaScriptコードに変換することで、Webブラウザ上でJavaアプリケーションを実行可能にするコンパイラを中心とするツール群でした。

今回の新バージョン「CheerpJ 3.0」では、WebAssemblyによってOpenJDKのJavaランタイムを完全に実装したと説明されています。これにより、JITコンパイラなどを含むJavaVMの機能をWebブラウザ上で実行できるようになりました。

Javaアプリケーションのソースコードは不要で、ビルド済みのJarファイルをそのままWebブラウザで実行可能です。

すなわち、CheerpJ 3.0は、JavaバイトコードをJITコンパイラによってJavaScriptに動的に変換し実行する、WebAssembly製のWebブラウザ用Java仮想マシンだと言えます。

fig

開発元のLeaning Technologiesによると、400MBのJarファイルで提供されるIntelliJ IDE 2019も実行可能。また同社はJava製の有名なゲームであるMinecraftをCheerpJ 3.0を用いてWebブラウザ上で実行するデモも公開しています

また、CheerpJ 3.0はHTTP経由などによる仮想化ファイルシステムへのアクセス、VPNサービスのTailscaleを用いた仮想化ネットワークなどもサポートしています。

CheerpJ 3.0は商用ソフトウェアとして提供されますが、個人利用や非商用利用などの用途であれば誰でも無料でダウロードし、実行することができます。

あわせて読みたい

Java JavaScript WebAssembly プログラミング言語




タグクラウド

クラウド / AWS / Azure / Google Cloud
コンテナ / Docker / Kubernetes
クラウドネイティブ / サーバレス
クラウド障害 / 運用・監視

プログラミング言語 / 開発ツール
JavaScript / Java / .NET / WebAssembly
HTML/CSS / Web標準

アジャイル開発 / スクラム / DevOps / CI/CD
ソフトウェアテスト・品質
ローコード/ノーコード開発

データベース / RDB / NoSQL / 機械学習・AI
Oracle Database / MySQL / PostgreSQL
Office / 業務アプリケーション

ネットワーク / HTTP / QUIC / セキュリティ
OS / Windows / Linux / VMware
ハードウェア / サーバ / ストレージ

業界動向 / 働き方 / 給与・年収
編集後記 / 殿堂入り / おもしろ

全てのタグを見る

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed

最新記事10本