Java/Scalaの最新版Webアプリケーションフレームワーク「Play Framework 3.0」正式リリース。Akkaに代わりApache Pekkoを採用

2023年11月24日

Play Framework開発チームは、JavaとScalaに対応したWebアプリケーションフレームワークの最新版となる「Play Framework 3.0」の正式リリースを発表しました。

Play Framework 3.0の最大の変更点は、それまでPlay Frameworkで使われていた、Actor Modelによる並列処理や分散処理、耐障害性やスケーラビリティを提供していたフレームワークであるLightbend社の「Akka」が昨年(2022年)9月からオープンソースではなくなったため、Akkaからフォークした「Apache Pekko」に切り替えた点です。

またPlay Frameworkの開発体制も、それまで主導的な役割を果たしていたLightbend社から完全にコミュニティ主導に変更されました。

Play Frameworkが今回バージョン3.0となったのは、このAkkaからApache Pekkoへの切り替えを示すのが主目的であり、前バージョンの2.9と3.0は機能もバグも同じです。つまり、今後は両バージョンが並行してメンテナンスを受け、同一の機能拡張やバグ修正を得ることになります。

対応するJavaとScalaのバージョンも2.9と同様で、最新のJava LTSバージョン(Java 21)とScala 3が引き続きサポートされます。

あわせて読みたい

Java Web技術 プログラミング言語



タグクラウド

クラウド / AWS / Azure / Google Cloud
コンテナ / Docker / Kubernetes
クラウドネイティブ / サーバレス
クラウド障害 / 運用・監視

プログラミング言語 / 開発ツール
JavaScript / Java / .NET / WebAssembly
HTML/CSS / Web標準

アジャイル開発 / スクラム / DevOps / CI/CD
ソフトウェアテスト・品質
ローコード/ノーコード開発

データベース / RDB / NoSQL / 機械学習・AI
Oracle Database / MySQL / PostgreSQL
Office / 業務アプリケーション

ネットワーク / HTTP / QUIC / セキュリティ
OS / Windows / Linux / VMware
ハードウェア / サーバ / ストレージ

業界動向 / 働き方 / 給与・年収
編集後記 / 殿堂入り / おもしろ

全てのタグを見る

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed

最新記事10本