AWSの知識を学習済みの「Amazon Q」は、AWSのシステム構築にどう役立つのか? AWS re:Invent 2023

2023年11月30日

Amazon Web Services(AWS)が開催中のイベント「AWS re:Invent 2023」の基調講演で発表された新サービスの中でも、ビジネス向けの生成AI「Amazon Q」は最大の目玉でした。

記事「[速報]AWS、Copilot対抗となる「Amazon Q」発表。生成AIによるシステム開発支援や業務支援など、多様なAIサービスを提供。AWS re:Invent 2023」で紹介したように、Amazon QはAWS上でのシステム開発支援やコーディング支援だけでなく、業務知識を学習させたうえでの業務支援やデータ分析支援など、さまざまな機能を備えています。

特に、同社CEO Adam Selipsky氏が「Amazon Qに17年に及ぶAWSの知識を学習させた」と紹介したように、AWSに関する知識を備えている点は競合するマイクロソフトのCopilotやGoogleのDuet AIに対する差別化要因の1つでしょう。

具体的にAmazon Qがどのようにシステム開発などの支援を行うのか、基調講演の内容とYouTubeで公開されたデモ動画などから、現時点で分かっている内容をまとめました。

Amazon Qによるシステム構築の支援

「Amazon QはAWSのシステムを構築する人のためのエキスパートアシスタントだ。我々はAmazon Qに、17年に及ぶAWSの知識を学習させた。これは、考え、計画し、AWS上でアプリケーションを運用する方法を一変させる。

Amazon Qは、AWSマネジメントコンソール、Code Whisperer対応のIDE、Slackのようなチャットルームなどのあなたが作業する場所で利用可能になる。

Amazon QとチャットしてAWSの機能を探索したり、知らない技術を学んだり、アーキテクチャのパターンやベストプラクティス、実装などのソリューションを教えてもらうことなどができる」(Adam Selipsky CEO)

デモ動画によると、AWSマネジメントコンソールの右側にAmazon Qのペインが表示され、ここでAmazon Qに対するプロンプトを入力可能です。

fig

Amazon Qのペインの部分を拡大表示。

fig

例えば、「How do I build a web app on AWS? What are my options?」(AWS上でWebアプリを作るには。どんな方法がある?)と質問すると、AmplifyやLambdaといったAWSのサービスを用いた答えが返ってきます。

fig

さらにプロンプトで、「大量のトラフィックを処理しなくてよい」といった要件を示して、適切なアーキテクチャを提案するように要求すると、より具体的な構築方法が提案されると説明されています。

Amazon Qによる自動トラブルシュート

AWS Lambdaのコンソールでエラーが表示されたときには、右上の「Troubleshoot with Amazon Q」ボタンをクリック。

fig

Amazon Qが自動的にエラーの内容を分析し、解決方法を提案してくれます。

fig

また、Amazon Qに「ゲーム用途で最高性能のエンコーディングが実行できるEC2のインスタンスのタイプは?」などと質問すると、適切なタイプを教えてくれるなど、最適なシステム構成についても教えてくれます。

Amazon Qでコード生成

コードエディタでもAmazon Qが利用可能。下記では画面左端の「Amazon Q」アイコンをクリックすることで、左半分がAmazon Qとチャットするペインとなります。

fig

このペインでAmazon Qに対してプロンプトでコードの解説、コードの生成、テストの生成などを指示できます。

あわせて読みたい

AWS クラウド 機械学習・AI




タグクラウド

クラウド / AWS / Azure / Google Cloud
コンテナ / Docker / Kubernetes
クラウドネイティブ / サーバレス
クラウド障害 / 運用・監視

プログラミング言語 / 開発ツール
JavaScript / Java / .NET / WebAssembly
HTML/CSS / Web標準

アジャイル開発 / スクラム / DevOps / CI/CD
ソフトウェアテスト・品質
ローコード/ノーコード開発

データベース / RDB / NoSQL / 機械学習・AI
Oracle Database / MySQL / PostgreSQL
Office / 業務アプリケーション

ネットワーク / HTTP / QUIC / セキュリティ
OS / Windows / Linux / VMware
ハードウェア / サーバ / ストレージ

業界動向 / 働き方 / 給与・年収
編集後記 / 殿堂入り / おもしろ

全てのタグを見る

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed

最新記事10本