生成AIがDockerを使った開発の質問に答えてくれる「Docker AI」発表、Dockerfileのエラーなども修正。VSCode対応。DockerCon 23

2023年10月12日

Docker社は米ロサンゼルスで10月3日と4日の2日間、年次イベント「DockerCon 23」を開催。2日目の基調講演で、Dockerに関する質問に答えてくれたり、Dockerfileのエラーを解析して指摘してくれたりする生成AI「Docker AI」(コードネーム)を発表しました

fig

Docker AIはVisual Studio Code(以下VSCode)から利用するようになっており、例えば「How do I dockerize my project」(プロジェクトをDockerコンテナ化するにはどうすればよいですか?)、という質問に対して、VSCode上で開発中のプロジェクトの内容に沿った回答をしてくれます。

fig

回答は下記のようにJupyter Notebookと同じ画面構成になっていて、Docker AIの回答をコマンドとしてそのまま実行できるようになっています。

fig

複数の手順に分かれているときには、手順が順番に示されるため、そのまま順番に実行していくことが可能。

Dockerfileにエラーがあるときなどは、エラーの内容の解説もしてくれます。

fig

このようにDocker AIは、開発者がDockerfileやDocker Composeファイルを編集したり、ビルド時に発生したエラーをデバッグしたり、ローカルでテストを実行したりする際に、プロジェクトやコードなどのコンテキストに応じたベストプラクティスによる自動ガイダンスを提供してくれると説明されています。

Docker AIは現在アーリーアクセス版で、申し込みを受付中です

DockerCon 23

あわせて読みたい

Docker コンテナ型仮想化 開発ツール




タグクラウド

クラウド / AWS / Azure / Google Cloud
コンテナ / Docker / Kubernetes
クラウドネイティブ / サーバレス
クラウド障害 / 運用・監視

プログラミング言語 / 開発ツール
JavaScript / Java / .NET / WebAssembly
HTML/CSS / Web標準

アジャイル開発 / スクラム / DevOps / CI/CD
ソフトウェアテスト・品質
ローコード/ノーコード開発

データベース / RDB / NoSQL / 機械学習・AI
Oracle Database / MySQL / PostgreSQL
Office / 業務アプリケーション

ネットワーク / HTTP / QUIC / セキュリティ
OS / Windows / Linux / VMware
ハードウェア / サーバ / ストレージ

業界動向 / 働き方 / 給与・年収
編集後記 / 殿堂入り / おもしろ

全てのタグを見る

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed

最新記事10本