Docker、ビルドを40倍高速にする次世代のDocker Buildを開発中。DockerCon 23

2023年10月12日

Docker社は米ロサンゼルスで10月3日と4日の2日間、年次イベント「DockerCon 23」を開催しました。

1日目の基調講演では、コンテナのビルドが従来の約40倍も高速になる「Next-Generation Docker Build」(次世代のDocker Build)コマンドを開発中だと発表されました。

fig

より高速化が望まれるDocker Build

Docker Buildコマンドによるビルドとは、Dockerfileを用いてコンテナイメージを生成する処理です。

同社の調査では、開発チームは平均で1日のうち1時間のビルドの待ち時間が発生しているとのこと。

fig

開発効率を高めるには、これを短縮することが求められます。

そこで、より高速な次世代のDocker Buildコマンドが開発されています。従来のワークフローにそのまま組み込むことができるだけでなく、クラウド上でビルドを実行しチームで共有することでさらに待ち時間を小さくすることが可能です。

また、クラウド上のビルドで生成されたキャッシュもチームで共有され、ローカルでのビルドの高速化に用いられます。

Docker Desktopのユーザーインターフェイスもこれに合わせて改善され、ユーザーによるビルドとチームで共有しているビルドのどちらも画面から進捗状況が確認できるようになります。

fig

Mastodonのビルドが39倍高速に

具体的な例として、Mastodonをx86やArmなどマルチアーキテクチャ対応のビルドを行うケースでは、従来2時間25分かかっていたビルドの時間が次世代のDocker Buildでは3分40秒に短縮されたことが示されました。39倍の高速化です。

fig

次世代のDocker Buildコマンドは、高速かつ拡張可能で、コラボレーションを促進するものとなります。

fig

次世代のDocker Buildコマンドは現在限定アーリープログラムとして希望者の申し込みを受付中です

DockerCon 23

あわせて読みたい

Docker コンテナ型仮想化 開発ツール




タグクラウド

クラウド / AWS / Azure / Google Cloud
コンテナ / Docker / Kubernetes
クラウドネイティブ / サーバレス
クラウド障害 / 運用・監視

プログラミング言語 / 開発ツール
JavaScript / Java / .NET / WebAssembly
HTML/CSS / Web標準

アジャイル開発 / スクラム / DevOps / CI/CD
ソフトウェアテスト・品質
ローコード/ノーコード開発

データベース / RDB / NoSQL / 機械学習・AI
Oracle Database / MySQL / PostgreSQL
Office / 業務アプリケーション

ネットワーク / HTTP / QUIC / セキュリティ
OS / Windows / Linux / VMware
ハードウェア / サーバ / ストレージ

業界動向 / 働き方 / 給与・年収
編集後記 / 殿堂入り / おもしろ

全てのタグを見る

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed

最新記事10本