MongoDB 6.0がリリース。時系列データ対応、ポーリング不要でデータ変更によるトリガー処理、スケーラビリティ、暗号化など強化

2022年7月25日

代表的なNoSQLデータベースの1つであるMongoDBの最新バージョン「MongoDB 6.0」がリリースされました。

MongoDBは、ドキュメントデータベースと呼ばれる種類のデータベースです。データの形式として「Document」と呼ばれるJSONライクな形式を採用しドキュメントの集合を「コレクション」として管理。NoSQLの高いパフォーマンスとスケーラビリティを保持しつつ、柔軟なデータ構造と複雑な検索などを実現します。

無料で利用できる「Community版」ソフトウェア、有償で追加機能やサポートが提供される「Enterprise Advanced版、クラウドサービスの「MongoDB Atlas」などが提供されています。

MongoDB 6.0での主な強化点

時系列データ対応の強化
6.0では時系列コレクションに測定値の二次インデックスと複合インデックスが追加され、読み取り性能が向上。時系列データに地理情報を付加することで、距離や場所を含む分析を充実させ、拡大できます。例えば、夏の暑い日に冷蔵配送車の温度変動を追跡したり、特定の航路を走る貨物船の燃料消費量を監視したりできるとされています。

変更をトリガーにしたチェンジストリームの強化
MongoDBには、データが変更されることをトリガーにするAPI「チェンジストリーム」があります。これにより、アプリケーションからデータベースをポーリングするような高いオーバーヘッドの処理を行わずにデータの変更を検知し、処理を開始できます。
6.0でこのチェンジストリームが強化され、ドキュメントが変更される前と後の状態を取得できるようになり、ドキュメント全体の更新版を送ったり、削除されたドキュメントを参照したりできるようになりました。さらに、コレクションやインデックスの作成や削除、データ定義言語(DDL)の操作にも対応しました。

スケーラビリティの強化
6.0ではスケーラビリティを実現するシャーディングが大きく改善。デフォルトチャンクサイズが 128MBになったことでチャンクのマイグレーションを減らし、ネットワークや内部オーバーヘッドの観点からも効率が良くなっています。

暗号化によるセキュリティの強化
6.0では、鍵管理システムを活用して監査イベントをディスクに書き込む前に圧縮と暗号化ができます。ログを暗号化することで、イベントの機密性と完全性が保護。
さらに、暗号化したままデータベースにデータを格納し検索できるQueryable Encryptionがプレビューで利用可能になりました。

参考:MongoDB、暗号化したままのデータベースを検索「Queryable Encryption」発表。データ格納時、メモリ上、データ転送、ログ、バックアップのすべてが暗号化データのまま

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly


関連タグ NoSQL / MongoDB



タグクラウド(β版)

クラウド / AWS / Azure / Google Cloud
コンテナ / Docker / Kubernetes
クラウドネイティブ / サーバレス
クラウド障害 / 運用・監視

プログラミング言語 / 開発ツール
JavaScript / Java / .NET / WebAssembly
HTML/CSS / Web標準
アジャイル開発 / スクラム / DevOps / CI/CD
ソフトウェアテスト・品質
ローコード/ノーコード開発

データベース / RDB / NoSQL / 機械学習・AI
Oracle Database / MySQL / PostgreSQL
Office / 業務アプリケーション

ネットワーク / HTTP / QUIC / セキュリティ
OS / Windows / Linux / VMware
ハードウェア / サーバ / ストレージ

業界動向 / 働き方 / 給与・年収
編集後記 / 殿堂入り / おもしろ

全てのタグを見る

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本