Denoが新フレームワーク「Fresh 1.0」リリース。Just-in-timeレンダリングやランタイムオーバヘッドゼロなどの特徴がもたらす優位性とは?

2022年7月4日

JavaScriptやTypeScriptのサーバサイドランタイム「Deno」を開発するDeno Land Inc.は、Deno用のフルスタックフレームワーク「Fresh 1.0」のリリースを発表しました

バージョン番号の1.0が示すように、安定版としてのリリースです。

Freshは以下の特徴を持つと説明されています。

  • エッジでのJust-in-timeレンダリング
  • ビルドの工程が不要
  • デフォルトではクライアントにJavaScriptを用いないため、ランタイムオーバーヘッドがゼロ
  • 高いインタラクティブ性を実現するためアイランドベースのクライアントハイドレーションを採用
  • コンフィグレーション不要
  • TypeScriptをサポート

これらの特徴がFreshにどのような優位性をもたらすのでしょうか。

要求毎にHTMLをレンダリング。ビルド工程不要

Freshは、基本的にはすべてサーバサイド側でHTMLが生成されます。Freshの基礎部分はテンプレートエンジンとルーティングフレームワークであり、これが1つ目の特徴である「エッジでのJust-in-timeレンダリング」を実現しています。

ちなみにDeno LandはDenoをCDNのエッジロケーションで提供するサービス「Deno Deploy」を提供しているため、サーバサイドではなくあえて「エッジ」という言葉を使っているのだと推察されます。

エッジでのJust-in-timeレンダリングとは、要求が発生したタイミングでレンダリングを行い、HTMLを生成する、という意味です。これは2つ目の特徴である「ビルドの工程が不要」とも直結しています。

サーバサイドでHTMLを生成する場合、あらかじめビルドを行ってHTMLファイルを生成しておくことで、Webブラウザから要求があった時点で生成済みのHTMLをすぐに返すことができる高速性を実現できます。ただしこの場合、デプロイする毎にビルド工程が発生するため、リリースサイクルが遅くなりがちです。

Freshでは要求毎にJust-in-timeレンダリングを行うことで事前のビルド工程を省略しました。これは事前にHTMLを生成する仕組みよりもWebサイトのレスポンスが多少犠牲になりますが、それ以上にFreshがリリースサイクルの高速さを重視しているといえるでしょう。

サーバサイドでHTMLを生成、クライアント側のJavaScript不要

クライアントとなるWebブラウザ側ではデフォルトでJavaScriptを用いないことも、Freshの大きな特徴です。

従来のWebアプリケーションの多くで用いたれていたSPA(Single Page Application)と呼ばれる仕組みでは、WebブラウザにJavaScriptフレームワークを送信、実行して、サーバ側から送られたデータを基にDOMを生成し、Webページが表示されるという処理が行われていました。

FreshではサーバサイドでHTMLが生成され、それがWebブラウザに送られてくるため、Webブラウザは受け取ったHTMLをすぐに表示できます。これが3つ目の特徴である「ランタイムオーバーヘッドがゼロ」です。

ただしこれではWebブラウザ上でインタラクティブなユーザーインターフェイスには不向きです。

そこで登場するのが4つ目の特徴である「高いインタラクティブ性を実現するためアイランドベースのクライアントハイドレーションを採用」です。

インタラクティブなWebページの機能も組み込める

Freshはアイランドアーキテクチャを取り入れています。

アイランドアーキテクチャを簡単に説明するならば、Webページのヘッダやフッタ、サイドバーなどインタラクティブ性が必要なく、固定されたレイアウトとデザインを持つ部分のHTMLは、あらかじめサーバサイドで生成して静的HTMLとしてWebブラウザに送信して表示しつつ、インタラクティブ性が必要となる部分のJavaScriptは必要に応じて後から組み込む(ハイドレーションする)、という仕組みのことです。

Freshではこのインタラクティブ性を組み込む部分のJavaScriptフレームワークとしてPreactとJSX/TSXに対応しています。

これにより、WebブラウザでのランタイムオーバーヘッドなしにWebページの高速表示が可能な利点をできるだけ活かしつつ、インタラクティブなユーザーインターフェイスにも対応することを実現します。

FreshはDenoの代表的なフレームワークに

DenoはもともとNode.js作者のライアン・ダール氏が、Node.jsでの反省を活かして新たに開発したJavaScript/TypeScriptランタイムでした。そのDenoは、フレームワークにおいても、既存のさまざまなフレームワークを見直してDeno(そしてDeno Deploy)にふさわしいものに作り直した、それがFreshなのかもしれません。

すでにDeno LandのWebサイトの多くがFreshで構築されているとのことです。今後FreshはDenoの代表的なフレームワークとなっていくと予想されます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly


関連タグ JavaScript / Deno



タグクラウド(β版)

クラウド / AWS / Azure / Google Cloud
コンテナ / Docker / Kubernetes
クラウドネイティブ / サーバレス
クラウド障害 / 運用・監視

プログラミング言語 / 開発ツール
JavaScript / Java / .NET / WebAssembly
HTML/CSS / Web標準
アジャイル開発 / スクラム / DevOps / CI/CD
ソフトウェアテスト・品質
ローコード/ノーコード開発

データベース / RDB / NoSQL / 機械学習・AI
Oracle Database / MySQL / PostgreSQL
Office / 業務アプリケーション

ネットワーク / HTTP / QUIC / セキュリティ
OS / Windows / Linux / VMware
ハードウェア / サーバ / ストレージ

業界動向 / 働き方 / 給与・年収
編集後記 / 殿堂入り / おもしろ

全てのタグを見る

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本