AWSが「IAM Roles Anywhere」発表。一時的にAWSへのアクセス権をAWSの外側にあるワークロードに付与

2022年7月8日

Amazon Web Services(AWS)は、AWSの外側にあるワークロードに対して一時的にAWSリソースへのアクセス権を付与できる「IAM Roles Anywhere」を発表しました。

一般に、AWSの外側からAWSへアクセスする場合、例えば、オンプレミスで稼働しているデータベースのバックアップをAWSのAmazon S3へ保存する、といった場合、Amazon S3へアクセス可能なアクセスキーやシークレットをオンプレミス側のバックアップソフトなどに持たせることが一般的です。

ただしこのアクセスキーやシークレットなどが漏洩してしまうと大きなセキュリティ上の問題になってしまうリスクがあります。

そこで、オンプレミスや他のクラウド上にあるソフトウェアなどに対して、必要なときだけ一時的に使えるアクセス権を提供できるようにすることで、セキュリティ上のリスクを大きく下げることを可能にするのが「IAM Roles Anywhere」です。

下記はAWSのブログ「Extend AWS IAM roles to workloads outside of AWS with IAM Roles Anywhere」から、説明を引用します。

With IAM Roles Anywhere, you can deliver short-term credentials to your on-premises servers, containers, or other compute platforms. When you use IAM Roles Anywhere to vend short-term credentials you can remove the need for long-term AWS access keys and secrets, which can help improve security, and remove the operational overhead of managing and rotating the long-term credentials.

IAM Roles Anywhereによりオンプレミスのサーバ、コンテナ、その他のコンピュートプラットフォームに短期的なクレデンシャルを提供できます。IAM Roles Anywhereを使用して短期的なクレデンシャルを提供することで長期的なAWSアクセスキーとシークレットが不要になり、セキュリティを向上させ、長期的なクレデンシャルの管理やローテーション運用のためのオーバーヘッドを取り除くことができるようになります。

AWS外のワークロードは一時的なAWSクレデンシャルのためにIAM Roles Anywhereを使用してX.509証明書を交換します。この証明書は、IAM Roles Anywhereでトラストアンカー(信頼できるルート)として登録したCAによって発行されます。

そのためIAM Roles Anywhereでは、既存のPKIシステムのCAか、あるいはAWS Certificate Manager Private Certificate Authority (ACM PCA)で作成したCAを利用する必要があると説明されています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly


関連タグ AWS / クラウド



タグクラウド(β版)

クラウド / AWS / Azure / Google Cloud
コンテナ / Docker / Kubernetes
クラウドネイティブ / サーバレス
クラウド障害 / 運用・監視

プログラミング言語 / 開発ツール
JavaScript / Java / .NET / WebAssembly
HTML/CSS / Web標準

アジャイル開発 / スクラム / DevOps / CI/CD
ソフトウェアテスト・品質
ローコード/ノーコード開発

データベース / RDB / NoSQL / 機械学習・AI
Oracle Database / MySQL / PostgreSQL
Office / 業務アプリケーション

ネットワーク / HTTP / QUIC / セキュリティ
OS / Windows / Linux / VMware
ハードウェア / サーバ / ストレージ

業界動向 / 働き方 / 給与・年収
編集後記 / 殿堂入り / おもしろ

全てのタグを見る

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本