ローコード/ノーコード開発の国内市場、今後3年で約2倍に急成長。ITRが予測

2022年2月21日

調査会社のITRは、日本国内のローコード/ノーコード開発市場を対象にした調査結果を発表しました

調査結果によると、2020年度の国内市場におけるローコード/ノーコード開発ベンダの売り上げ金額は総計で515億8000万円。2021年度は656億円と予想。これが3年後の2024年度には、ほぼ2倍の1272億円になると予想されています。

fig

ITRのプリンシパル・アナリストである甲元宏明氏はこの市場拡大について、デジタルトランスフォーメーション(DX)への取り組みが加速するのに伴い、企業では内製化を推進する機運が高まっているとした上で、「プログラミングに長けたエンジニアを多く抱えていない企業にとって、短期間でアプリケーション開発スキルを習得でき、ユーザーとの共同作業で試行を繰り返すことが容易なローコード/ノーコード開発ツールは、DXや業務改革/改善に適している」と指摘。これが市場が成長する背景になっていると説明しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly


関連タグ プログラミング言語 / ローコード/ノーコード開発 / 業界動向



タグクラウド(β版)

クラウド / AWS / Azure / Google Cloud
コンテナ / Docker / Kubernetes
クラウドネイティブ / サーバレス
クラウド障害 / 運用・監視

プログラミング言語 / 開発ツール
JavaScript / Java / .NET / WebAssembly
HTML/CSS / Web標準

アジャイル開発 / スクラム / DevOps / CI/CD
ソフトウェアテスト・品質
ローコード/ノーコード開発

データベース / RDB / NoSQL / 機械学習・AI
Oracle Database / MySQL / PostgreSQL
Office / 業務アプリケーション

ネットワーク / HTTP / QUIC / セキュリティ
OS / Windows / Linux / VMware
ハードウェア / サーバ / ストレージ

業界動向 / 働き方 / 給与・年収
編集後記 / 殿堂入り / おもしろ

全てのタグを見る

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本