Tomcat Javaアプリケーションのコンテナ移行自動化ツール群「Tomcat modernization flow」、Google Cloudがプレビューリリース

2022年2月21日

Google Cloudは、Apache Tomcatで実行されているJavaアプリケーションを自動的にコンテナ環境へ移行してくれるツール群「Tomcat modernization flow」のパブリックプレビュー版をリリースしました

fig

Apache TomcatはJavaでアプリケーションサーバを実装するプラットフォームとして人気の高いアプリケーションンサーバです。ただしApache Tomcatが登場し普及した時期はDockerコンテナなどの技術が登場する前であるため、多くのApache Tomcatは仮想マシンなどの上で稼働していると見られます。

Google Cloudが発表したTomcat modernizatio flowは、この仮想環境上のApach Tomcatの情報を自動的に収集し、移行計画を策定、Google Kubernetes Engine(GKE)などコンテナ環境への移行に必要な設定や構成ファイルを生成、移行を行う、という一連の作業を自動的に行ってくれるツール群です。

移行は4段階に分かれています。

最初は「Assesment」(評価)で、評価ツールを実行すると自動的にTomcatのインスタンスとそこにデプロイされているアプリケーションを検出し、設定や構成を分析。レポートとしてまとめ、ワークロードに適切なマイグレーションを推奨してくれます。

このレポートを基に「Planning」(計画)を行い、「Migrate & Modernize」(移行&モダナイズ)を実行します。このときにDockerファイルなどの構成ファイル、ビルドスクリプト、Yamlファイルなども生成されるため、今後の運用時にそれらを利用することができます。そして移行後に「Optimize」(最適化)として、アップデートの適用やメモリ容量の調整などを行っていきます。

GitHubにはGoogle Compute Engine上で動いているデモプログラムのSpring Boot Petclinicアプリケーションを、Google Kubernetes Engineに移行する例を示したドキュメントが公開されています

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly


関連タグ Google Cloud / Java / Kubernetes / クラウド



タグクラウド(β版)

クラウド / AWS / Azure / Google Cloud
コンテナ / Docker / Kubernetes
クラウドネイティブ / サーバレス
クラウド障害 / 運用・監視

プログラミング言語 / 開発ツール
JavaScript / Java / .NET / WebAssembly
HTML/CSS / Web標準

アジャイル開発 / スクラム / DevOps / CI/CD
ソフトウェアテスト・品質
ローコード/ノーコード開発

データベース / RDB / NoSQL / 機械学習・AI
Oracle Database / MySQL / PostgreSQL
Office / 業務アプリケーション

ネットワーク / HTTP / QUIC / セキュリティ
OS / Windows / Linux / VMware
ハードウェア / サーバ / ストレージ

業界動向 / 働き方 / 給与・年収
編集後記 / 殿堂入り / おもしろ

全てのタグを見る

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本