マイクロソフト、「Windows Subsystem for Android」をWindows 11のWindows Insider Program向けに配布開始、KindleなどのAndroidアプリが実行可能に

2021年10月22日

マイクロソフトは、一般提供前のWindows 11を配布するWindows Insder Programにおいて、Windows 11でAndroidアプリを実行可能にする「Windows Subsystem for Android」の提供を開始したことを明らかにしました

6月にWindows 11が発表された際に、Windows 11ではAndroidアプリケーションを実行可能にする計画があることがマイクロソフトから表明されていました

Windows Subsystem for Androidは、Windows上でLinuxアプリケーションを実現する「Windows Subsystem for Linux」と同じように、Hyper-Vで構築された仮想マシン上で稼働し、LinuxカーネルとAOSP(Android Open Source Project)バージョン11をベースにしたAndroid OSが含まれていると説明されています。

これによりKindleなどAndroidアプリをWindows 11上で実行可能になります。

fig

マイクロソフトはWindows 11上で実行するAndroidアプリを配布するためにAmazon.comと提携し、Microsoft Store内でAmazon App Storeを展開します。Windows Subsystem for Androidは、このAmazon App Store経由で配布されるとのことです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly




カテゴリ

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本