Google Cloud FunctionsがPHPをサポート開始。PHPでサーバレスの関数が記述可能に

2021年4月26日

Google Cloud Platformにおけるサーバレスコンピューティング環境を提供するGoogle Cloud Functionsで、PHP言語のサポートがプレビューとして開始されることが発表されました

Cloud Functionsは、これまでNode.js/JavaScript、Python、Go、Java、.NET、Rubyなどのプログラミング言語に対応してきました。今回これにPHPが加わることになります。

対応するPHPのバージョンはPHP 7.4。このPHP実行環境がマネージドサービスとして提供され、負荷に応じて自動的にスケールアウト、スケールインするため、ユーザーはランタイムのインストールやサーバのプロビジョニングなどについて気にする必要はありません。

Googleはあわせて、オープンソースの「Functions Framework for PHP」も公開しています。これはPHP用のFaaS(Function as a Service)フレームワークです。

これを用いることでポータブルなPHPの関数を記述でき、ローカル環境、Cloud Run、Cloud Run on GKE、Knative環境でも関数を実行できるようになるため、ローカル環境などで開発やテストを実行したうえでCloud Functionsの本番環境へデプロイする、といったことが可能になります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly




カテゴリ

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本