DenoがJavaScriptの標準化を行うTC39ワーキンググループに参加を発表

2021年12月14日

Node.jsの作者であるライアン・ダール(Ryan Dahl)氏が新たに立ち上げ、サーバサイドでJavaScript/TypeScriptを実行するためのオープンソースのフレームワーク「Deno」と、その分散ホスティングである「Deno Deploy」を提供する「Deno Company」はECMAインターナショナルに加盟し、JavaScriptの標準化を行うTC39ワーキンググループに参加することを発表しました

DenoはTC39ワーキンググループの参加によって、JavaScriptを誰にとってもよいものに改善していくとともに、特にサーバサイドJavaScriptの改善に力を入れたいとしています。

その上で、まもなく以下の改善に取り組みたいとのこと。

  • Better support for non-JS assets in the ES module graph
    ECMAScriptモジュールグラフにおける非JavaScriptのアセットのサポート強化
  • Better support for explicit resource management
    明示的なリソース管理のサポート強化
  • More extensive standard library functions for (async) iteration
    (非同期な)イテレーションのための、より拡張可能な標準ライブラリ関数

また、TypeScriptについても今後さらにJavaScriptとの整合性を改善していきたいとしています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly


関連タグ JavaScript / プログラミング言語 / Deno



タグクラウド(β版)

クラウド / AWS / Azure / Google Cloud
コンテナ / Docker / Kubernetes
クラウドネイティブ / サーバレス
クラウド障害 / 運用・監視

プログラミング言語 / 開発ツール
JavaScript / Java / .NET / WebAssembly
HTML/CSS / Web標準

アジャイル開発 / スクラム / DevOps / CI/CD
ソフトウェアテスト・品質
ローコード/ノーコード開発

データベース / RDB / NoSQL / 機械学習・AI
Oracle Database / MySQL / PostgreSQL
Office / 業務アプリケーション

ネットワーク / HTTP / QUIC / セキュリティ
OS / Windows / Linux / VMware
ハードウェア / サーバ / ストレージ

業界動向 / 働き方 / 給与・年収
編集後記 / 殿堂入り / おもしろ

全てのタグを見る

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本